• ホーム
  • 映画
  • 綾瀬はるか、オスカー女優・ケイト・ブランシェットとの対談が実現

綾瀬はるか、オスカー女優・ケイト・ブランシェットとの対談が実現

 主演映画『海街 diary』(6月13日公開)で第68回カンヌ国際映画祭に赴いた女優・綾瀬はるかが、同地で『エリザベス』、『ロード・オブ・ザ・リング』シリーズなどでお馴染みの豪女優のケイト・ブランシェットと対談したことがわかった。憧れであったオスカー女優との対談後に綾瀬は「ケイトさんとお会いする機会をもてたことは、とても貴重な経験でした」 と明かした。

【写真】その他の写真を見る


 『海街 diary』がコンペティション部門に出品され、初めてカンヌの地を訪れた綾瀬。カンヌ映画祭といえば受賞作品だけでなく、各国のセレブ達が華やかなドレスやジュエリーに身を包み、その美しさにも注目が集まる。ORICON STYLEが毎年行う『理想の美肌ランキング』で、4年連続で首位を獲得している綾瀬だけに、カンヌの舞台でもその透き通るような“美肌”は各国のメディアから注目を集めた。

 惜しくも『海街 diary』のパルムドール受賞はならなかったが、綾瀬は「初めてカンヌを経験して、これが私の人生のなかで最も輝いている瞬間のひとつだと感じています。本当に今までにない新しい素敵な経験で、これからより高い目標に向かって努力をして運命を切り開きたいと思えるような経験でした」と感慨深げに語る。

 綾瀬にとって、カンヌという土地が忘れられぬ思い出となったのは、映画祭だけでなく、敬愛するケイト・ブランシェットとの邂逅があったからだ。今回は、スキンケアブランド『SK-II』 の日本のミューズを務める綾瀬と、同商品のグローバルアンバサダーであるケイトによる初の対談が実現。

 オスカーを筆頭に、これまでに数多くの映画祭に登壇し、さまざまな賞を手に入れてきたケイト。「カンヌのような映画祭に行くことは本当に運命が変わる経験。私が過去に経験した同じ瞬間をこれからはるかは正に迎えようとしているのね」と優しく綾瀬に語りかけた。さらに「ヴェニス映画祭に『エリザベス』で参加したとき、観客からブーイングが起こることもあるんだと誰かに言われ、とても怯えたことを覚えている。でも、結果がどっちだったとしても、きっと翌朝には何かが変わっているんだろうということを私はわかっていたの。それは真実で、本当にすごいことが起きていたの」と当時を振り返る。

 オスカー女優であるケイトからの思いがけない言葉に綾瀬も、興奮冷めやらぬ様子で「カンヌを何度も経験した女優の先輩として、勉強になる言葉をくださいました。ご一緒する時間をもてたことを本当にうれしく思います」と語っていた。

⇒『SK-II』 公式サイトはコチラ

関連写真

  • 憧れであったオスカー女優のケイト・ブランシェットとカンヌで対談した綾瀬はるか
  • 綾瀬はるか
  • 豪女優のケイト・ブランシェット
  • 綾瀬はるか
  • 綾瀬はるか
  • 綾瀬はるか
  • 綾瀬はるか
  • 綾瀬はるか

オリコントピックス