• ホーム
  • 芸能
  • 石丸幹二・吉田羊らがコンビニ“経営者”や“店員”に TBSドラマが6・7放送

石丸幹二・吉田羊らがコンビニ“経営者”や“店員”に TBSドラマが6・7放送

 TBSで6月7日、俳優の石丸幹二、女優の吉田羊らが出演するコンビニエンスストアを舞台にしたオムニバスドラマ『3つの街の物語』(後4:00)が放送されることが7日、わかった。現代人の生活に欠かせない存在であるコンビニで繰り広げられる感動エピソードを1話完結、3本立てで放送する。

【写真】その他の写真を見る


 「エピソード1」は、上司と対立し、大手コンサルティング会社を退職した東郷(石丸)が父親の経営するコンビニを立て直すストーリー。常連客を顧みない東郷の経営に二人は対立するが、東郷は店舗周辺の停電をきっかけに父親が大切にしていた「あること」に気付く。

 「エピソード2」は、パート店員の五十嵐里美(吉田)と年配の女性クレーマーとの物語。女性がクレーマーになった理由はわからなかったが、里美は彼女が毎日大福を買っていくことからある出来事を思い出し、彼女の家に行くことに。そこで新たな事実を知る…。

 溝端淳平小嶋陽菜が出演する「エピソード3」は、カメラマンを夢見る犬伏一真(溝端)が、デザイナーを目指す客の及川千尋(小嶋)の夢を知り、諦めかけていた自分の夢について熱く語る。一真があるとき、そのもやもやした気持ちを千尋にぶつけたことから二人の将来が大きく動き出していく。

 家族経営の小さなコンビニでアルバイト経験がある石丸は「都会に住んでいるとどうしても薄くなりがちな、隣人とのコンタクトや人を思いやる心。そんな、コミュニティーの結びつきの大切さを、このドラマから感じ取っていただければ幸いです」とコメント。

 吉田は「コンビニは“つい寄ってしまう場所”。お腹空いてつい、ティッシュが切れてつい、お酒を呑んだ帰りについ…全ての“つい”に理由があるけれど、共通しているのは、その先に『人の体温』を感じられるということ」とし、「今回のドラマは、その体温をさまざまな形でお届けします。明日またコンビニに“つい”寄りたくなっていただけたらうれしいです」と意気込みを語った。



関連写真

  • 『3つの街の物語』に出演する(左から)石丸幹二、吉田羊、溝端淳平、小嶋陽菜 (C)TBS
  • 現代人に欠かせないコンビニエンスストアが舞台のTBS『3つの街の物語』 (C)TBS

オリコントピックス