• ホーム
  • 芸能
  • 堤真一、フジ連ドラ初主演「心配なのは体力」 ヒロインは戸田恵梨香に

堤真一、フジ連ドラ初主演「心配なのは体力」 ヒロインは戸田恵梨香に

 俳優の堤真一(50)が7月にスタートするフジテレビ系の新ドラマ『リスクの神様』(毎週水曜 後10:00)で同局のドラマ初主演を務めることが27日、わかった。堤は不正利益供与、粉飾決算、痴漢冤罪(えんざい)、不倫騒動などのトラブルに巻き込まれた人々を救う敏腕の危機管理専門家・西行寺智(さいぎょうじ・さとし)を演じる。

 西行寺は、かつてアメリカで政府関連機関の危機管理に携わり、数々のトラブルを解決してきたことから、業界内で“the God of risk(リスクの神様)”と呼ばれる伝説の危機管理専門家。性格は唯我独尊で、目的のためなら手段を選ばない。そんな男がその腕を見込まれ、日本最大の商社・サンライズ物産の「危機対策室」の室長として雇われる。

 同ドラマのヒロイン・神狩かおり(かがり・かおり)には、堤とドラマ初共演となる女優の戸田恵梨香(26)を起用。神狩は、西行寺が雇われたサンライズ物産に女性総合職として勤務している東大卒のキャリアウーマンだったが、担当していた商品が相次いで発火し、リコール問題となる事態を起こしてしまう。その後は西行寺と同じ「危機対策室」で働くことになる。

 脚本は、『潜入探偵トカゲ』、『運命の人』などの橋本裕志氏が担当。企画は戸田も出演した映画『エイプリルフールズ』の成河広明氏、『リーガルハイ』シリーズの加藤達也氏。演出は『謎解きはディナーのあとで』の石川淳一氏に決まった。

 堤の民放連続ドラマの出演は、2007年から08年にかけて放送された『SP 警視庁警備部警護課第四係』以来、約8年ぶりとなる。「実は今、一番心配なのは体力です(笑)」と明かし、「恵梨香ちゃんをはじめ、共演の皆さんもすてきな方々ばかりですから、まずは、気負わずに楽しい現場で、皆さんと一緒に作品づくりに取り組みたい」と気合を入れる。

 共演の戸田は「堤さんが西行寺をどう作るのか、楽しみで仕方ありません。兄さん、ついて行きます!」と信頼を寄せつつ、「映画『エイプリルフールズ』を作った石川監督、成河プロデューサーと、こんなに早くまたお仕事ができるとは思っていませんでした。『すごい作品ができるぞ!』と確信していますので、全キャスト・スタッフのパワーに負けないように頑張ります」と語っている。



関連写真

  • フジテレビの連ドラ初主演を務める堤真一
  • ヒロイン役は戸田恵梨香 堤とはドラマでの共演は初めて

オリコントピックス