• ホーム
  • 音楽
  • 時代劇とジャズのマリアージュ SOIL&“PIMP”SESSIONSが連ドラ劇伴初挑戦

時代劇とジャズのマリアージュ SOIL&“PIMP”SESSIONSが連ドラ劇伴初挑戦

 6人組ジャズバンド・SOIL&“PIMP"SESSIONSが、WOWOWが初めて制作する時代劇『連続ドラマW ふたがしら』(6月13日スタート、毎週土曜 後10:00、全5話※第1話無料放送)の音楽(劇伴)を手がけることが13日、わかった。ロックやパンク、ファンクを飲み込んだオリジナル・ジャズで世界を舞台に活躍してきた同バンドが、映画やドラマの劇伴を初めて手がけることとなる。

【写真】その他の写真を見る


 メンバーは「『劇伴/サントラ』という新たな挑戦の機会をいただき、大変光栄です。『ふたがしら』の粋でお洒落な世界感を、SOIL&“PIMP"SESSIONSのサウンドで最大限に増幅させるべく、制作に集中しております。どうぞご期待ください!」とコメントしている。

 同ドラマは、盗賊一味の男たちの巧妙な駆け引きと痛快なだまし合いを描いたオノ・ナツメ氏の同名漫画が原作。俳優・松山ケンイチが明るく豪放な主人公・弁蔵役で、大河ドラマ『平清盛』以来3年ぶりの連続ドラマ主演を務める。

 弁蔵とコンビを組むクールで色男の宗次役は大衆演劇の早乙女太一。盗賊一味の姐さん役で菜々緒が時代劇初挑戦。“赤目”を名乗る盗賊一味の頭で辰五郎の弟分・甚三郎役に成宮寛貴、旅籠の主人・叶屋喜兵衛役に田口浩正、掏摸(すり)一味の頭・お銀役に芦名星、夜坂一味のご隠居のお付き・芳役に村上淳、赤目一味の巳之吉役に山本浩司、夜坂一味の頭・鉄治郎役に橋本じゅん、夜坂一味の先代頭・ご隠居に品川徹、そして赤目一味を率いる頭・辰五郎役に國村隼が配役されている。



関連写真

  • 主演・松山ケンイチ×監督・入江悠、WOWOW初の時代劇『ふたがしら』(6月13日スタート)の音楽を担当するSOIL&“PIMP”SESSIONS
  • 赤目一味を率いる頭・辰五郎を演じる國村隼(C)WOWOW
  • 掏摸(すり)一味の頭・お銀を演じる芦名星(C)WOWOW
  • WOWOW初の時代劇『ふたがしら』(6月13日スタート)に出演する田口浩正(C)WOWOW
  • WOWOW初の時代劇『ふたがしら』(6月13日スタート)に出演する村上淳(C)WOWOW
  • WOWOW初の時代劇『ふたがしら』(6月13日スタート)に出演する山本浩司(C)WOWOW
  • WOWOW初の時代劇『ふたがしら』(6月13日スタート)に出演する橋本じゅん(C)WOWOW
  • WOWOW初の時代劇『ふたがしら』(6月13日スタート)に出演する品川徹(C)WOWOW

オリコントピックス