• ホーム
  • 映画
  • 篠崎愛、デリヘル嬢役挑戦に「不安しかなかった」

篠崎愛、デリヘル嬢役挑戦に「不安しかなかった」

 グラビアタレントの篠崎愛が4日、都内で行われた主演映画『東京闇虫パンドラ』初日舞台あいさつに出席した。援交デリヘル嬢としてその身が危険にさらされていく家出少女・鬼塚結衣を演じた篠崎は、ショートパンツにスカジャンといった“不良”スタイルで登場。オファーを受けた当初について「本当に不安しかなかった」と振り返った。

【写真】その他の写真を見る


 「純粋なイメージでこれまでやってきたので、過激なシーンもあって私で務まるかなって…」と茶目っ気たっぷりに語りつつ「でもやってみたら意外にできたのかな」と胸を張ってアピール。メガホンをとった佐藤佐吉監督も「彼女に潜む闇を、ひしひしと感じていたのでそれをそのままスクリーンに収めました」と自信を込め、篠崎は「新しい面がでているのでそのへんも楽しんで」と呼びかけていた。

 そのほかに、牧田哲也百川晴香やべきょうすけが登壇した。



関連写真

  • 主演映画で家出少女を演じた篠崎愛 (C)ORICON NewS inc.
  • ショートパンツにスカジャンで登場した篠崎愛 (C)ORICON NewS inc.
  • 『東京闇虫パンドラ』初日舞台あいさつ(左から)百川晴香、やべきょうすけ、篠崎愛、牧田哲也、 (C)ORICON NewS inc.
  • 『東京闇虫パンドラ』初日舞台あいさつに出席した百川晴香 (C)ORICON NewS inc.
  • 『東京闇虫パンドラ』初日舞台あいさつに出席した牧田哲也 (C)ORICON NewS inc.
  • 『東京闇虫パンドラ』初日舞台あいさつに出席したやべきょうすけ (C)ORICON NewS inc.
  • 『東京闇虫パンドラ』初日舞台あいさつに出席した佐藤佐吉監督 (C)ORICON NewS inc.

オリコントピックス