• ホーム
  • 映画
  • 2016年公開新作『ゴジラ』脚本・総監督に庵野秀明、監督に樋口真嗣 過去最大ゴジラの足型を公開

2016年公開新作『ゴジラ』脚本・総監督に庵野秀明、監督に樋口真嗣 過去最大ゴジラの足型を公開

 東宝により約12年ぶりに復活する新作『ゴジラ』(2016年夏公開)の脚本・総監督を庵野秀明氏、監督・特技監督(兼任)を樋口真嗣氏が務めることが31日、わかった。東宝ではふたりの起用理由を「日本版ゴジラを製作するにあたり、怪獣映画、ゴジラ映画に対する造詣の深さ、深い愛情。展覧会『館長 庵野秀明 特撮博物館』や『巨神兵東京に現わる』でのタッグ感。そして何より、常に新しいことをやり続けているおふたりであること。12年ぶりのジャパンゴジラにこれほど相応しい人はいない」としている。

 人気アニメーション『エヴァンゲリオン』シリーズの生みの親にして、日本のみならず世界中でその名を轟かせている庵野氏。高校卒業後に『ゴジラ』(1984年公開、橋本幸治監督)のスタッフとして映画界入りし、『ガメラ 大怪獣空中決戦』(1995年公開、金子修介監督)などで特技監督を務めた樋口氏。『ゴジラ FINAL WARS』(2004年)以来約12年ぶりの完全新作『ゴジラ』でのこのふたりのタッグは、特撮ファンにとっては妥当であるかもしれないが、『ゴジラ』に庵野氏というところを含めて大きな驚きをもって迎えられることだろう。

 庵野氏と樋口氏は、30年来の盟友。2012年に庵野氏が企画・脚本を担当し、樋口氏が監督を務めた『巨神兵東京に現わる』は高い評価を得ていた。日本のエンターテインメント界を牽引するふたりによる『ゴジラ』は、若い世代を巻き込んで、これまで以上に幅広い層の関心を集めそうだ。

 2013年1月末にオファーを受けながらも一旦は辞退したという庵野氏は「東宝の誠意と盟友・樋口真嗣監督の熱意に心が動かされ、監督を引き受ける事にしました。過去の継続等だけでなく空想科学映像再生の祈り、特撮博物館に込めた願い、思想を具現化してこそ先達の制作者や過去作品への恩返しであり、その意思と責任の完結である、という想いに至りました。今しか出来ない、今だから出来る、新たな一度きりの挑戦と思い、引き受ける事にしました」と心のうちを明かしている。

 一方、樋口氏は「その復活に胸躍らせて映画制作の現場に忍び込んで30年が経ちました。その現場で目の当たりにした理想と現実の差を、自由なアマチュア映画の世界の第一線を走っていたヒーローにブチまけてからも30年。ついに時がきました。この偉大なる神を生んだこの国に生まれたこと、特撮という仕事に巡り合え、続けてこれたこと、そしてこの機会が巡ってきた運命に感謝しつつ、来年、最高で最悪の悪夢を皆様にお届けします」と熱い想いを激白している。

 新作の物語の舞台は日本になり、登場するゴジラは、ハリウッド版『GODZILLA』(2014年公開、ギャレス・エドワーズ監督)の108メートルをはるかに上回る過去最大になる見込み。この日、その足型のみが初公開された。

 撮影は今年秋からスタートし、公開は2016年夏予定。



オリコントピックス