• ホーム
  • 芸能
  • 斎藤工、“脱がないドラマ”で要望あれば脱ぐ「役者なので」

斎藤工、“脱がないドラマ”で要望あれば脱ぐ「役者なので」

 俳優の斎藤工が30日、都内で行われたフジテレビ系の新ドラマ『医師たちの恋愛事情』(4月9日スタート、毎週木曜 後10:00※初回・2話は15分拡大)記者会見に出席。今、最もセクシーな俳優として注目されている斎藤だが、同ドラマではセクシーな外科医役ながらも“脱がない”ことが話題に。斎藤は「(僕は)どこでも脱ぐみたいですよね」と苦笑しつつも「台本に『全裸で側転』って書いてあったらやりますよ。役者なので」と要望があれば脱ぐことを明かした。

【写真】その他の写真を見る


 “セクシーな外科医”と聞いた斎藤は「企画書に“セクシー”って文字がたくさん入っていて、そういうものは本人が意識していたら不健康な気がする」と戸惑いつつ「でも、気がついたら僕はそういう位置にいる」と割り切っている様子。「脱ぐことに抵抗を感じるのか?」と聞かれると「それは自分で決めることではない」と答えた。

 会見には共演者の平山浩行伊原剛志らも出席。斎藤は「僕以外の方が脱ぐ可能性があるかもしれません」と紹介すると、セックス依存の医師を演じる平山は「僕は準備していますんで。身体を鍛えている」といい、伊原も「要望があれば脱ぎますんで!」と次々に名乗りを上げ、笑わせた。

 医療と恋愛を組み合わせた同ドラマ。大学病院に勤務することになった熱血外科医・守田春樹(斎藤)が、婚期を逃した先輩の女医・近藤千鶴に出会い、徐々に惹かれていく。斎藤は同局の連続ドラマ初主演となる。

 千鶴を演じる石田ゆり子は「この年齢で、こういう役をいただけて自分でびっくりしています。さらに、今をときめく斎藤工さんとご一緒させていただいて」と恐縮すると、斎藤は「来年は消えますんで」と自虐した。

 そのほか、相武紗季三宅弘城板谷由夏生瀬勝久が出席。進行は同局の軽部真一アナウンサーが務めた。



関連写真

  • 「役者なので」と要望があれば脱ぐことを明かした斎藤工 (C)ORICON NewS inc.
  • ドラマ『医師たちの恋愛事情』の記者会見に出席した(左から)斎藤工、石田ゆり子 (C)ORICON NewS inc.
  • 公開ハグをする(左から)斎藤工、石田ゆり子 (C)ORICON NewS inc.
  • 公開ハグをする(左から)斎藤工 (C)ORICON NewS inc.
  • 公開ハグをする(左から)斎藤工、石田ゆり子 (C)ORICON NewS inc.
  • フジテレビ系の新ドラマ『医師たちの恋愛事情』記者会見に出席した生瀬勝久 (C)ORICON NewS inc.
  • フジテレビ系の新ドラマ『医師たちの恋愛事情』記者会見に出席した石田ゆり子 (C)ORICON NewS inc.
  • フジテレビ系の新ドラマ『医師たちの恋愛事情』記者会見に出席した伊原剛志 (C)ORICON NewS inc.
  • 公開ハグをする(左から)斎藤工、石田ゆり子 (C)ORICON NewS inc.

オリコントピックス