• ホーム
  • 芸能
  • “虎党” 佐藤隆太、『虎バン』スペシャルナビゲーター就任

“虎党” 佐藤隆太、『虎バン』スペシャルナビゲーター就任

 俳優の佐藤隆太(35)が、ABC朝日放送の阪神タイガース番組『虎バン』(毎週土曜 深1:19〜1:49)の「虎バン・スペシャルナビゲーター」に就任することが決まった。今月7日の放送からリニューアルした同番組。佐藤は東京出身だが「子どもの頃からタイガースファン」だったといい、「憧れのタイガースの選手の声を聞けるチャンスですし、タイガース80周年の年に、自分もタイガースの熱を盛り上げることができるのはうれしい」とやる気をみなぎらせている。

 1980年生まれの佐藤は、阪神が優勝した1985年当時を思い出し、「周りは巨人ファンが多かったのですが、当時タイガースはメチャクチャ強くて、個性的で魅力的な選手も大勢いました。その中でも特に真弓さんがすごく好きでした。1番打者でホームランを30本打つところがカッコ良かったですね」。

 リニューアル後の『虎バン』は、ナビゲーターを高野純一アナウンサーが務め、コメンテーターとして矢野燿大、金本知憲、下柳剛、桧山進次郎、赤星憲広らが登場。今月28日以降は虎バンマネージャー(虎マネ)の折原あやの・海野ナル(隔週交代)も出演して、番組を盛り上げる。

 佐藤は虎バン・スペシャルナビゲーターとして、不定期出演。「ファンのみなさんと一丸となって優勝へたどり着けるようにエールを送りたいです。選手たちの一つ一つのプレーに一喜一憂しながら純粋に応援していきたいですし、純粋にファンの一人として背伸びせず、シンプルな見方をしていきたい」と意気込みを語っている。

 初出演となる今月21日の『虎バンSP(仮)』(正午〜後0:54)では、タイガースのキャプテン、鳥谷敬選手との対談を放送。また、当日は番組に続いて生中継される京セラドーム大阪での「オープン戦 阪神対オリックス」(後0:54〜)の始球式も務める。

 「始球式は過去、何度かやらせてもらっているのですが、一度も“どストライク”を投げられたことがないんです。1球しか投げられない、というプレッシャーが大きすぎて。今回は、番組を背負っての始球式ですから『バチン!』といきたいです。でもこういう時に限って、デッドボールになったりするんですよね。外角狙っていきましょうか」と笑みがこぼれた。



関連写真

  • 佐藤隆太が『虎バン』スペシャルナビゲーターに就任(C)ABC
  • 東京出身だけど阪神タイガースファン(C)ABC

オリコントピックス