• ホーム
  • 芸能
  • 小出恵介、4歳の娘のシングルファーザー役「怖がられないように気をつけた」

小出恵介、4歳の娘のシングルファーザー役「怖がられないように気をつけた」

 WOWOWで22日スタートの『連続ドラマW 天使のナイフ』(毎週日曜 後10:00、全5話※第1話無料放送)で、同局の連続ドラマに初登場&初主演する俳優の小出恵介。同作では妻・祥子を少年たちに殺害され、4歳の娘・愛実をひとりで育てている主人公・桧山貴志役を演じる。

【写真】その他の写真を見る


 同作は、気鋭の作家・薬丸岳氏のデビュー作で『第51回江戸川乱歩賞』を受賞した同名小説(講談社文庫)を映像化。“少年法の壁”をテーマに、加害者側と被害者側、双方の視点を丁寧に描き、真の更生や贖罪の是非を問いかける。

 妻を殺害した13歳の少年たちは少年法によって保護され、刑事責任を問われなかった。一方、被害者遺族である桧山や祥子の母(若村麻由美)は、マスコミに追われ、生活のすべてを白日の下にさらされることに。しかも、桧山は中学の時に両親を交通事故で失くしており、理不尽なことに耐え続けてきた。物語は、事件から4年後、桧山は社会復帰した少年たちのことを、人知れず調べ始め、事件から止まっていた時間が動き出す。

 「桧山という男が置かれている立場の正当性をどう表現するか。どういう人だったら視聴者が桧山の境遇を信じてもらえるか」といままでにない難役に挑んでいる。「自分自身がどうこうではなく、作品の構成要素の一つとして監督に要求されたことはきっちり答えたい。作品ごとに求められていることも違ってくるので、至らない時もたくさんあったと思うけど、いままでもこれからも努力するというか、それしかないですよね」。

 娘を持つシングルファーザーという役も初挑戦。「子役の女の子はまだ幼いデリケートな年頃の子なので。僕は男兄弟しかいないから、小さい女の子と触れ合ったことがないんですよね。自分が幼稚園に通っていた頃以来ですよ(笑)。怖がられないように気をつけています」。

 昨年は時代劇『吉原裏同心』(NHK)に主演し、10月期のドラマ『Nのために』(TBS)などで存在感を発揮した。「WOWOWらしい社会派ミステリーに挑戦させてもらえてうれしい。せりふも多かったので良い俳優訓練になりました」。

 メインキャストに共演歴がある人が一人もいない現場も新鮮だった。小出より経験豊富な俳優から次世代を担う若手注目株、現役アイドルまで多様な人材がキャスティングされた。「どっしりと構えて観てもらいたい作品でもありますが、フレッシュな若手もたくさん出演するのでそこを見どころにしてもらってもいい。少年法のこと、罪を犯した人の更生とは何か、刑罰の適正って何か、考えさせられることもありますが、ミステリーとして物語そのものを楽しんでいただければ」。

 桧山祥子殺害犯の中学生、少年Aに昨年公開の『渇き。』、今年も『ソロモンの偽証』など出演作が立て続けに公開される清水尋也、少年Bにダンスロックバンド「DISH//」のメインボーカル・北村匠海、少年Cに父親は俳優の村上淳、母親はミュージシャンのUAという二世俳優で同作が連ドラデビューの村上虹郎を起用。人気アイドルグループ・乃木坂46松村沙友理西野七瀬桜井玲香は、主人公がオーナー店長の「ブロードカフェ」の店員役で出演。ほかに、倉科カナ藤本泉千葉雄大町田啓太劇団EXILE)、和田正人ラサール石井手塚とおる、若村麻由美らが出演する。



関連写真

  • WOWOWで2月22日スタートする『連続ドラマW 天使のナイフ』に主演する小出恵介 (C)ORICON NewS inc.
  • WOWOWで2月22日スタートする『連続ドラマW 天使のナイフ』に主演する小出恵介 (C)ORICON NewS inc.
  • WOWOWで2月22日スタートする『連続ドラマW 天使のナイフ』第1話キーカット(C)WOWOW
  • WOWOWで2月22日スタートする『連続ドラマW 天使のナイフ』に主演する小出恵介 (C)WOWOW
  • WOWOWで2月22日スタートする『連続ドラマW 天使のナイフ』主人公の妻を殺害した少年たち(C)WOWOW
  • WOWOWで2月22日スタートする『連続ドラマW 天使のナイフ』より(C)WOWOW
  • WOWOWで2月22日スタートする『連続ドラマW 天使のナイフ』より(C)WOWOW
  • WOWOWで2月22日スタートする『連続ドラマW 天使のナイフ』より(C)WOWOW
  • WOWOWで2月22日スタートする『連続ドラマW 天使のナイフ』より(C)WOWOW

オリコントピックス