• ホーム
  • 映画
  • 香取慎吾&綾瀬はるか、三谷監督初SF作品で“夫婦役” 映画『ギャラクシー街道』

香取慎吾&綾瀬はるか、三谷監督初SF作品で“夫婦役” 映画『ギャラクシー街道』

 SMAPの香取慎吾(38)と女優の綾瀬はるか(29)が、三谷幸喜監督(53)の映画最新作『ギャラクシー街道』(10月公開)で共演する。同作は三谷監督が初めてSFに挑み「スペース・ロマンチックコメディー」と位置づける作品で、香取と綾瀬は宇宙人の夫婦役を演じる。

 コメディー映画のヒットメーカー三谷監督が、初めて“宇宙”に挑む。物語の舞台は西暦2265年、木星近くに造られた人工居住区「うず潮」と地球を結ぶ宇宙幹線道路「ギャラクシー街道」の脇にたたずむ小さな飲食店。そこで働く人々と客たちが織りなす宇宙人模様を描く。香取が宇宙人“ノア”で主演。綾瀬はその妻“ノエ”というユニークな設定だ。

 『THE 有頂天ホテル』など数々の作品で三谷監督とタッグを組んでいる香取は「久しぶりの三谷映画の出演にワクワクしています! スペースロマンティックコメディ?! なんだそれは!という感じです。どんな映画になるのか、撮影が楽しみです!」と期待を寄せ、三谷作品が7年ぶりという綾瀬は「奇想天外な三谷さんの作品、今からとても楽しみです! 香取さん、どうぞよろしくお願い致します!」とコメントを寄せている。

 一方、三谷監督は「ロマンチックコメディーをやってみたかったのですが、普通の恋愛モノでは面白くない。そこで舞台を宇宙にしてしまおう!と思いつきました」と発案のきっかけを説明。「手作り感満載の宇宙が見てみたい」と希望し、CGを使わずセットで宇宙空間を再現。さらに、ライバルとしてSFシリーズ『スター・ウォーズ』を挙げ「目指すはシリーズ最高興収(132億円)超え。目標も宇宙規模でいきたい」とぶち上げている。



オリコントピックス