• ホーム
  • 芸能
  • 今秋NHK朝ドラ『あさが来た』に決定 初の幕末スタート&江戸時代描く

今秋NHK朝ドラ『あさが来た』に決定 初の幕末スタート&江戸時代描く

 NHK大阪放送局は14日、今年度後期の朝の連続テレビ小説第93作目に、朝ドラ初となる幕末スタートで江戸時代が舞台となる『あさが来た』(NHK総合 前8:00〜ほか)に決まったと発表した。原案は古川智映子氏の『小説 土佐堀川』、脚本は『不機嫌なジーン』、『風のハルカ』などを手がけた大森美香氏(42)が務める。

 ヒロインのモデルになるのは、時代に先駆けて「銀行」や「生保」を設立し、日本初の女子大学設立にも尽力した実在の人物で、豪気・英明な天性から「一代の女傑」と称えられた明治の女性実業家・広岡浅子。激動の時代の大阪を舞台に、明るく元気に駆け抜けたヒロイン・あさと、陽気に彼女を支え続けたボンボン夫の「おもろい夫婦」、そしてあさを支えるあたたかな人たちの交流を描く。

 制作統括の佐野元彦氏は「今回のドラマのヒロインのモデルである広岡浅子さんは、幕末から大正期にかけて生きた実業家であり、教育者です。浅子さんが残された業績を知った時、素直に、『こんな素敵なスーパーレディーが存在したんだ!』と感動しました」と話し「今、私は、脚本家・大森美香さんと『奇跡の夫婦の物語』を紡いでゆく挑戦にワクワクしています」と期待を寄せている。

 大森氏も「このドラマはその浅子さんをモデルに、決して戦うのではなく柔らかな力で人々を巻き込みながら道を切り開いていった楽しい女性・あさの人生と、運命の許嫁であった夫との愛の物語、そして二人を取り巻く個性豊かな家族や歴史に名を残す偉人たちとの温かな人情劇を描きます」と紹介し「10年ぶりの朝ドラ執筆に身の引き締まる想いです。どうぞご期待ください」と呼びかけている。



関連写真

  • 放送中の『マッサン』、そして次作『まれ』に続く、93作目(大阪放送局制作としては39作目)の連続テレビ小説『あさが来た』の脚本を手がける大森美香氏(C)NHK
  • 左は制作統括の佐野元彦エグゼクティブ・プロデューサー(C)NHK

オリコントピックス