• ホーム
  • 映画
  • GACKT、『サイレントヒル:リベレーション3D』日本版イメージソング提供

GACKT、『サイレントヒル:リベレーション3D』日本版イメージソング提供

 歌手・GACKTの新曲「CLAYMORE」が、ゲーム原作の映画『サイレントヒル:リベレーション3D』(7月12日公開)の日本版イメージソングに起用される。同曲は、ベストアルバム『BEST OF THE BEST vol.1』(7月3日発売)にも収録される。

 同曲は、愛する人を失う切なさと、運命に立ち向かう勇気がテーマ。タイトルの本来の意味である「大きな剣」が、重要なアイテムとして映画の中にも登場しており、GACKTも配給側も「偶然とは思えない出会い」を感じたことが決め手となった。

 映画は、さらわれた父親を救うため、現実と違う異次元世界「サイレントヒル」へと向かい、そこで街の謎、己の運命に立ち向かう少女の姿を描く。GACKTは「人間の弱さとか恐怖心をえぐられるような作品。そこに立ち向かう少女の成長も見応えがある」と太鼓判を押す。

 同曲を使用した予告編では、最愛の父親を取り戻して、自らの忌まわしい宿命を打ち破らなければならないヘザーの決意と勇気ある姿がGACKTの歌声と重なり、重厚な世界観を演出して、物語の世界へ誘う。GACKTは「幻想的でゴシックな世界観を共有した今回のタイアップで、より多くの人に僕の曲やこの映画に触れてもらえることを願っています」と話した。



関連写真

  • 人気ゲームを完全映画化した『サイレントヒル:リベレーション3D』の日本版イメージソングはGACKTの新曲「CLAYMORE」
  • 7月12日公開の映画『サイレントヒル:リベレーション3D』 (c) 2012 Silent Hill 2 DCP Inc. and Davis Films Production SH2, SARL.

オリコントピックス