• ホーム
  • 映画
  • 新『おしん』に子役・濱田ここねが抜てき 主要キャストに上戸彩、泉ピン子

新『おしん』に子役・濱田ここねが抜てき 主要キャストに上戸彩、泉ピン子

 テレビ放送から30年ぶりに映画で復活する『おしん』の主要キャストが5日、都内で行われた制作会見で発表された。主人公・おしん役には宮崎出身の子役・濱田ここね(8)が抜てきされ、主要キャストに上戸彩(27)、泉ピン子(65)らが起用された。同作が本格的なデビュー作となる濱田は、半年間のオーデションを経て選出され、2500人の中からおしん役を勝ち取った。

【写真】その他の写真を見る


 濱田は「おしん役を一生懸命がんばります」とかわいらしい笑顔であいさつ。上戸は衣装合わせの時に濱田と2時間ほど笑いっぱなしだったと明かし「この笑顔が映画では見れないと思うとつらい。今のうちに笑っとこ!」と濱田に呼びかけ、濱田が笑顔を見せると和やかなムードに包まれた。

 最終審査に参加した泉は、主役を射止めた濱田について「浴衣きた時にピッタリだと思った。他の子役は上手すぎる。(小林)綾子だって上手じゃなかった。存在感ですね」と選出理由を紹介。橋田は30年ぶりの映画化に「時代劇ではない、ついこないだこういう日本があったっていうのを見てほしい。その代表としておしんがいる」と熱い想いを明かし、濱田に「この方がやってどんなおしんになるか楽しみ。いい顔してます。頑張って」とエールを送った。

 上戸は、泉の演じた母親役に挑むことに「プレッシャーを感じる」といい、「まだ早い母親で、見えないといわれるのは目に見えてる。でも『命かければ大丈夫、彩ならできる』とピン子さんに言われたので、命をかけて頑張ります」と意気込み。

 泉はそんな上戸に「彩ちゃんがこの役をひきつぐのは感無量。一生懸命やったらいいものができる」と太鼓判。さらに、濱田にも「新しいおしんを作ればいいんだ」と励ますと、濱田は「じゃ、作ります!」と元気よく返し、頼もしさをみせた。

 テレビドラマ版『おしん』は1983年にNHK朝の連続テレビ小説として放映され、ドラマ史上最高視聴率となる平均視聴率52.6%、最高視聴率62.9%を記録。日本以外にも86の国と地域で放送され社会現象を巻き起こした。

 今回制作される映画版では橋田壽賀子が執筆した30年前の脚本を元に、約100年前の山形県の寒村を舞台に、たくましく懸命に生き抜くおしんの姿を描く。上戸はテレビ版では泉が演じたおしんを見守る母親・谷村ふじ役、泉はおしんの奉公先でおしんの理解者となる加賀屋の大奥様・くに役をそれぞれ務める。また、テレビ版でおしんを演じた小林綾子が加賀屋の若奥様・みのを演じるほか、岸本加世子乃木涼介吉村実子満島真之介ガッツ石松らが出演する。

 撮影は、2月中旬より庄内映画村などすべて山形県内で敢行され、公開は10月を予定。会見には、橋田と冨樫森監督も登壇した。



関連写真

  • おしん役に抜てきされた濱田ここね(中央)ほか、主要キャストには上戸彩、泉ピン子(後列中央2人)が起用(左端は冨樫森監督、右端は橋田壽賀子) (C)ORICON DD inc.
  • 2500人の中からおしん役を勝ち取った濱田ここね (C)ORICON DD inc.
  • 母親・谷村ふじ役に起用された上戸 (C)ORICON DD inc.
  • 映画『おしん』制作会見に出席した泉ピン子 (C)ORICON DD inc.
  • 映画『おしん』制作会見に出席した橋田壽賀子 (C)ORICON DD inc.

オリコントピックス