• ホーム
  • 映画
  • “同郷”錦戸亮&北川景子が初共演! 実話元にしたラブストーリー熱演

“同郷”錦戸亮&北川景子が初共演! 実話元にしたラブストーリー熱演

 女優の北川景子と人気グループ・関ジャニ∞の錦戸亮が、来年公開予定の映画『抱きしめたい』で初共演することが1日、わかった。北海道・網走で生まれた実話をベースに描くラブストーリーで、北川は「錦戸さんとは同じ関西出身なので、今後楽しく撮影が進められればと思います」。錦戸も「同じ関西出身同士。力を合わせて頑張りたいと思います」と、同郷タッグに意気込んでいる。

 実在する男女の話を元に描く同作。若くして交通事故に遭い、後遺症と記憶障害を抱え車いす生活ながらも、人生をエネルギッシュに楽しむ主人公・つかさ(北川)と、ごく普通のタクシードライバー・雅己(錦戸亮)が恋に落ち、様々な困難を乗り越えて幸せな家庭を築こうと奮闘する姿を描く。

 北川は「つかささんを自分がしっかりと演じなくてはならないというプレッシャーはありますが、その反面、役者としてはすごく楽しみ」と期待。錦戸も「実際の雅己さんは情熱を内に秘めるタイプらしいので、自分自身、現場でどのように芝居で表現しようかと、とても楽しみです」と、役作りのイメージをふくらませる。

 実際に網走でロケを敢行予定。冬場はマイナス20度近くにまで気温が下がる極寒の地での撮影に、北川は「台詞がうまく言えなかったりしないかなと少し心配ですが、つかささんという魅力的な人がいたということをしっかりと証にできるように」と気を引き締める。

 監督は『黄泉がえり』『どろろ』などを手掛けた塩田明彦氏。撮影は2月中旬に網走でクランクインし、関東近郊ロケを経て3月末にクランクアップ予定という。



オリコントピックス