ORICON STYLE

 アメリカ『TIME』誌が選ぶ“世界で最も影響力のある有名人”アーティスト部門の1位に輝く、絶対的なポップアイコン、レディー・ガガ。奇抜な衣装で注目を集める彼女が、“15回”もの衣装チェンジをし話題となったライブツアー『The Monster Ball Tour』のニューヨーク公演の模様が、この度放送されることになった。5月23日に全世界で同時発売されるニューアルバム『ボーン・ディス・ウェイ』も話題のレディー・ガガの魅力に迫る!
レディー・ガガ

 2008年に1stアルバム『ザ・フェイム』でデビューして以来(日本でのデビューは2009年5月)、数々のヒット曲を世に送り出し続けているレディー・ガガ。彼女が全世界のミュージックシーンの頂点に君臨するスーパースターである点に関しては、おそらく誰も異論があるまい。しかし、彼女の放つクリエイティブなエネルギーは、今や音楽の枠を遥かに超えている。

 ファッション、ダンス、ミュージックビデオ、発言、私生活での行動……彼女にまつわる全てが、もはや一つのアートワークになっているといっても決して過言ではない。米『TIME』誌が選ぶ「世界で最も影響力のある有名人」のアーティスト部門1位に選ばれたことなどを今さら示すまでもなく、幅広いカルチャーを巻き込む圧倒的な影響力、カリスマ性という点において、彼女と並ぶ存在は世界中のどこにもいない。レディー・ガガは、まさしく現在のポップカルチャー全体を象徴するアイコンなのだ。

 彼女の人気が日本でも加熱する一方であることは、みなさんもすでによくご存知だろう。1stアルバム『ザ・フェイム』、2ndアルバム『ザ・モンスター』が大ヒットし、「ポーカー・フェイス」「バッド・ロマンス」「テレフォン」などのナンバーは、今やお茶の間にまで浸透しているとさえいえる。5月23日発売の3rdアルバム『ボーン・ディス・ウェイ』の先行シングル「ボーン・ディス・ウェイ」が、週間シングルランキングの初登場10位に輝いたことも記憶に新しい。このランキング記録は洋楽女性歌手史上初となる快挙であった。また、親日家でもあるレディー・ガガが東日本大震災のチャリティに対して、素早いアクションを起こしてくれたことも忘れてはいけない。彼女がデザインしたリストバンドを発売し、2週間あまりで150万ドルの収益を寄付。レディー・ガガの影響力を改めて全世界に示したのであった。

レディー・ガガ

 そんな彼女の魅力が最も輝くのがライブ。幸運にも昨年4月に行われた来日公演を観た人は、あの光景を今でも鮮やかに思い出せることだろう。サウンド、ダンス、ライティング、ステージセット、サプライズに満ちた演出、次々飛び出す奇抜なファッション、彼女自身から放たれるオーラ……様々なエッセンスが美しく結晶化したステージは、紛れもなく世界最高峰のエンターテインメントであった。

 3rdアルバムがリリースされ、早くも次の来日公演への期待が高まるなか、嬉しいお知らせがある。なんと彼女のライブが、6月18日(土)にWOWOWで放送されることが決定したのだ。2ndアルバム『ザ・モンスター』をひっさげて2009年11月からスタートした『The Monster Ball Tour』の中から、今年2月に行われたニューヨーク、マジソン・スクエア・ガーデン公演がオンエアされる。

 ニューヨークはレディー・ガガのホームタウンであり、マジソン・スクエア・ガーデンは「憧れの場所」と公言していた会場。凱旋公演ともいうべきこの時のステージに賭けるレディー・ガガの並々ならぬパッションと、それを目の当たりにして熱狂するニューヨークのファンたちのエネルギーがスパークする様は、あなたを夢のような興奮へと巻き込むことだろう。彼女の世界観を完璧に具現化しているステージセット、15回も行われた刺激的な衣装チェンジ、「バッド・ロマンス」「テレフォン」「アレハンドロ」「パパラッチ」など、大ヒット曲を惜しげもなく連発するセットリスト、最新シングル「ボーン・ディス・ウェイ」のパフォーマンス、さらには貴重なライブの裏側や、ガガが涙ながらにファンへの想いを告白するシーンなど、観どころ満載の放送となる。伝説が生まれる瞬間を捉えた歴史的な映像だ。この機会をお見逃しなく!
(文:田中大)

レディー・ガガ

 絶対的なポップアイコン、レディー・ガガのステージをWOWOWでオンエア。2010年4月行われた来日公演も記憶に新しい『The Monster Ball Tour』から、ニューヨーク公演の模様を放送。15回もの奇抜な衣装チェンジをはじめ、「バッド・ロマンス」「テレフォン」「アレハンドロ」「パパラッチ」といった、ヒット曲満載のステージは必見!

【放送予定】
6月18日(土)午後8:00〜『レディー・ガガ ザ・モンスター・ボール・ツアー』 (収録日:2011年2月21日、22日/収録場所:米・ニューヨーク「マジソン・スクエア・ガーデン」)

ボーン・ディス・ウェイ【初回生産限定盤】
レディー・ガガ
発売日:2011/05/23[アルバム] 価格:¥1,980(税込)
ユニバーサル インターナショナル 品番:UICS-9125

ボーン・ディス・ウェイ【通常盤】
レディー・ガガ
発売日:2011/05/23[アルバム] 価格:¥2,500(税込)
ユニバーサル インターナショナル 品番:UICS-1230

CDを購入する(Amazon)

ボーン・ディス・ウェイ − スペシャル・エディション −
レディー・ガガ
発売日:2011/05/23[アルバム] 価格:¥2,980(税込)
ユニバーサル インターナショナル 品番:UICS-1228/9

CDを購入する(Amazon) 着うた配信

◆アルバムについて
 今回のアルバムは、とてもプライベートな内容になっているわ。これまでの2枚のアルバムでは、“FAME”(名声)についてのアートを表現したり、“FAME”モンスターの誕生/死後を描いていた。そして、いよいよあれから数年がたち、「レディー・ガガって誰?」というメディアからの質問も経て、やっと一つの答えにたどり着いたの。それが“わたしはわたし”(I was born this way.)というもの。これが私の運命で、自分のアートを表現することが自分の定めだと悟った。音楽をつくって、ファンのみんなと繋がりをもつこと。その結果、今の私がいるってね。

◆日本のファンへ
 ファンの皆さん、お元気ですか。リトル・モンスターたちのみんなを、恋しく思ってます。毎日みんなのこと想って祈りを捧げています。家族の皆さんも無事ですか?早く会いたいです。みんなは私にとって、とても大切です。また日本に戻れる日を楽しみにしております。

レディー・ガガ(LADY GAGA)
米ニューヨーク出身。2008年8月に『The Fame』でデビュー。独特のファッションや大胆なステージパフォーマンスで注目を集める。2009年には『最も検索された女性』でギネス記録を樹立した。
2008年8月、アルバム『The Fame』でデビュー。
2009年5月、日本にてアルバム『ザ・フェイム』をリリース。
2009年11月、アルバム『ザ・モンスター』をリリース。
2009年12月、『第52回グラミー賞』の“レコード・オブ・ザ・イヤー”にノミネートされる。
2010年3月、『ザ・リミックス』をリリース。
2010年12月、『ザ・シングルス』をリリース。
2011年1月、『第25回日本ゴールドディスク大賞』で“アルバム・オブ・ザ・イヤー洋楽部門”を受賞。フランス最大の音楽賞『NRJ Music Awards 2011』で“CLIP DE L'ANNEE/Clip Of The Year”を受賞。
2011年2月、『第53回グラミー賞』にて最優秀ポップ・ボーカル・アルバムなど3冠に輝く。
2011年3月、シングル「ボーン・ディス・ウェイ」をリリース。
2011年5月23日、アルバム『ボーン・ディス・ウェイ』をリリース。
2011年6月、千葉・幕張で開催する被災地支援イベント『MTV VIDEO MUSIC AID JAPAN』に出演予定。

▲このページの最初に戻る