デビューから50年を超えたブレッド&バター、スティービー・ワンダーとの意外な関係とは

ブレッド&バターのライブカット

ブレッド&バターのライブカット

 昨年、デビュー50周年を迎えたのが湘南サウンドの立役者で兄弟デュオとして活躍するブレッド&バターだ。「あの頃のまま」や「ピンク・シャドウ」など、たくさんのミュージシャンがカバーする名曲も数多く、“ブレバタ”の音楽を愛する人は多い。今でも現役として“湘南の風”を日本中に届けているブレバタだが、実はアメリカの大御所ミュージシャンのスティービー・ワンダーとの意外な絆があり、友情の証として楽曲の提供まで受けていた事実はあまり知られてない。先日テレビでも話題になったこの話を含め、この5月にDVDが発売になる50周年記念ライブの模様や今後の展望まで岩沢幸矢・二弓の2人に聞いた。

1stアルバム『IMAGES』にスティービーが参加、それからの縁

  • インタビューを受けるブレッド&バター

    インタビューを受けるブレッド&バター

――先日のテレビで話題になったスティービー・ワンダーさんとのエピソードをお聞きします。幸矢さんがスティービーの「心の愛」著作権裁判勝訴に大きな貢献をされたということですが、まずは幸矢さんとスティービーさんが仲良くなったきっかけは何だったんですか?
幸矢僕たちがファーストアルバム『IMAGES』(1973年発売)でロンドンレコーディングを行った時のプロデューサーがスティービーと知り合いで、僕たちの歌を彼に聞かせてくれたんです。そしたら、声を気に入ってくれたらしくて、ちょうどロンドンにプロモーションできていた彼がレコーディングに参加してくれてからの付き合いですね。その後、連絡もとりあっていたんです。向こうもサチ、サチと言って、僕のことを気に入ってくれていて、1975年の来日公演の時に武道館の楽屋に遊びに行ってステージの袖でライブを観ていたら、スティービーのステージに呼ばれたんですよ。いきなりエレキを持たされて、お前弾いてみろって感じで。で、エレキは弾けないからってシェイカーをもらって振ってたんだけど。その時に彼が歌った曲が「ゴールデン・レディ」って曲で、この曲は日本語で何て言うんだって聞くから「金の女」って言ったんですよ。そしたら、彼が喜んでね。「金の女、金の女」って日本語で歌ったんですよ。そこからより親しくなりましたね。

――曲を作ってもらったきっかけは?
幸矢ブレッド&バターは76年から79年までほとんど活動をしていなくて、カフェを湘南でやったりしてました。僕はその頃、友人と般若レコードっていう小さなレコード会社をロスで作っていて、しょっちゅうロスには行ってたんですね。ですから、スティービーのホテルやスタジオにも良く遊びに行ったりして、一緒に食事したり。
 で、そろそろ社会復帰したいねってなった時に、最初はソロアルバムを作ろうか、という話になったんです。二弓は二弓で自分のアルバム制作を始めてて。それで、確か二弓が「さっちゃんはどうせならスティービーに曲を作ってもらえば」って言ったんですね。深く考えずに、それで、じゃ頼んでみようということになって、僕がアメリカまでスティービーにお願いしにいったんですよ。
――その時のスティービーの反応は?
幸矢あの人は基本的にノーって言わないんですよ。イエスって言ってくれるんだけど、そう言ってくれてからすごく時間がかかるんです。だから、僕も、実際に曲をもらうまでの間、時間がかかりましたね。ほぼ毎日スタジオに通ってね。実際に1ヵ月近くかかったかな。

――その曲が「I Just Called to Say I Love You」という訳ですね。
幸矢そうなんです。その頃、彼のスタジオには毎日有名なミュージシャンが遊びに来てましてね。スティービーはマルチで管楽器以外の演奏をすべて一人で録音してたんですね。それを、みんながどうやっているんだと見に来る訳ですよ。で、その後は毎晩パーティーになるんですけど。
 彼が僕に曲をくれた日も、実はスティーブン・スティルス(CSN & Y)がたまたま来ていて。で、その時にスティービーとスティーブンと僕が一緒に歌ったこの曲をカセットに録音したんです。僕は当時メモ代わりに、いつもカセットレコーダーを持っていたんですよ。それで録音したことを彼が覚えていたんですね。
――で、帰国後、新曲としてレコーディングに入るんですね。
幸矢そうですね。その時には、この曲はブレッド&バターの再チャレンジにふさわしいんじゃないかということになって、僕のソロではなく、やっぱりブレッド&バターでやろうということになったんです。

――幸矢さんがスティービーに曲をもらって帰ってきた時、二弓さんはどう感じました。
二弓僕はその頃、毎日茅ヶ崎で飲んだくれてまして、曲をもらって帰ってきた時は、それこそみんなで大拍手ですよ。まさか、本当に曲を書いてもらって帰ってくるとは思わないですから。よくやった!、って。で、曲もいいしね。

オリコンニュース公式SNS

Facebook、Twitterからもオリコンニュースの最新情報を受け取ることができます!

メニューを閉じる

 を検索