『Nizi Project』発「NiziU」に20の質問【前編】一番苦しかった時期、支えられた言葉

家族みたいに仲良く過ごすことができた

Q5:『Nizi Project』を通して、自分が成長したと思う部分は?

MAKO表現が豊かになりました。また、ボーカルの面でも今まで高音に全く自信がなかったのですが、今では自分に自信を持てるようになったことと、メンタル面でも鍛えられました!

RIOやっぱり性格の変化が大きいと思います。メンバーのことを思いやること、「真実・誠実・謙虚」を意識しながら生活するようになって、周囲の人からも「RIOは性格が変わったよ」と言ってもらえました。

MAYA考え方や精神面が特に一回り成長したと感じました!

RIKUダンスです。J.Y. Parkさんがおっしゃっていたように動きと動きの間にリズム感がなく、本当にダンスが下手でした。だけど韓国に来て直接トレーナーさんや先生方から教えていただけて、メンバーや家族からも「本当にダンスうまくなったね」って言ってもらえるようになってすごくうれしかったです!

AYAKAメンタルです。

MAYUKA歌やダンスはもちろん、人間的にも成長できたと思います!

RIMA本当に考え方が一番変わったと思います。『Part 1』の時はいろんなプレッシャーを抱え、誰よりもうまくなくてはならないという勝手な完璧主義な考えがありました。オーディションを通してステージで楽しむことがどれだけ大切なのかを知り、「下手でもいい」と自分自身への期待を自ら下げて思いっきり楽しむことに集中したら、どんどんいい結果になりました。オーディションが始まる前より今はプレッシャーもストレスも少なく、ポジティブで楽しい日々を過ごせている気がします!

MIIHIオーディションが始まる前は新しいことに挑戦することに抵抗があったり、不安に思ったりすることが多かったのですが、今は「とりあえずやってみよう!」「できるはず!」と、ポジティブにたくさんのことに挑戦することができているところが成長できた部分だと思います!

NINAダンス、周りの空気を読むこと、日本語力が伸びたと思います。
  • Zeebraと中林美和の次女で『Nizi Project』放送当時から注目の的だったRIMA

    Zeebraと中林美和の次女で『Nizi Project』放送当時から注目の的だったRIMA

Q6:昨年7〜8月の地域予選開始からまもなく1年経ちます。どんな日々でしたか?

MAKO自分にとっては毎日が貴重で、不安もありましたが、とても充実していた1年でした。

RIO自分が今まで想像できなかったことが本当にたくさんありました。いろいろな感情が芽生えて、気持ちのコントロールがすごく難しかったです(笑)。

MAYAデビューができるかできないかの不安を抱えたまま、ひたすら夢に向かって頑張っていました。

RIKUもう1年が経つなんて信じられないです。今まで経験したことがないことをいっぱい体験したし、つらいこともたくさんあったけど、それよりもたくさんの方と出会えて楽しかったし、幸せでした。毎日いろんな出来事があって月日が経つのが人生の中で一番早く感じました。

AYAKA初めてのことがたくさんあり、いろいろな楽しいこともつらいこともあった日々だったなと思います。

MAYUKAあっという間でしたね。地域予選を受けた時はまさか自分が受かると正直思ってなかったんですけど、東京合宿、韓国合宿と進んでいくうちにデビューしたいという思いが日に日に強くなっていって、ただひたすらに練習をしてたので、1ヶ月過ぎるのが本当に早かったです!

RIMAこの1年間が今まで過ごしてきた人生の中で一番濃く、人生のターニング・ポイントだったと思います。練習生になる前は新しいことに挑戦することを怖がっていて、1人じゃ何もできなかったのですが、この1年いろんな緊張感とプレッシャーの中、すごくいろんなことを学びました。まずこのおかげで素晴らしい方々と出会い、いろんなストーリーを繰り広げ、たくさん成長できたと思います。本当にたくさんの方々のおかげでここまでこれたので感謝したいですし、これからも初心を忘れずに一生懸命頑張りたいと思います。

MIIHI長いようで本当に短かったです。たくさんのことを学べたしたくさん成長できて、今までで一番濃い、忘れられない1年だったと思います。大好きなメンバーとも出会えて家族みたいに仲良く過ごすことができて本当に幸せです!! つらいことも多かったですが、その分たくさん楽しいことがありました!

NINA一生懸命練習を頑張って、韓国語を話せるようにたくさん勉強してきました。これからも世界中のファンの方々と会いたいので、今以上に語学の勉強とダンスの練習を頑張ります!

「NiziU」メンバープロフィール

オリコンニュース公式SNS

Facebook、Twitterからもオリコンニュースの最新情報を受け取ることができます!

メニューを閉じる

 を検索