井上由美子&保田圭、「千葉県富津市観光大使」に任命

 演歌歌手・井上由美子(34)と、元モーニング娘。保田圭(30)が「千葉県富津市観光大使」に任命され19日、富津区役所で委託場交付式が行われた。井上は大阪府出身だが、シングル「夾竹桃の咲く岬」(2007年発売)の歌詞に出てくる富津岬を訪れたことがきっかけで富津市をたびたび訪問するようになり、今回観光大使に任命された。

 昨年4月には富津公民館でチャリティーコンサートを開催するなど、いまでは「富津市は私にとって第2のふるさと」と思えるほど愛着のある町になったという井上。富津市出身の保田とともに、佐久間清治市長から委託状とタスキ、名刺が手渡された。

 佐久間市長から「お二方には、これから富津市をどんどん宣伝していただきたい」と依頼されると、井上は「私は大阪出身なので、まさか富津市の観光大使に任命していただくとは予想もしていませんでした」と驚きつつも「責任が重大で身が引き締まる思いがしますが、いただいた名刺がなくなるくらい全国にPRしていきたい」。保田も「いつかふるさとのために恩返しがしたいと思ってきましたので、観光大使に任命していただいてとても嬉しいです」と笑顔をのぞかせた。

関連写真

  • 「千葉県富津市観光大使」に任命された井上由美子と保田圭(右) 
  • 佐久間清治市長とともに記念撮影をする井上由美子と保田圭(左) 

オリコントピックス

メニューを閉じる