アニメ&ゲーム カテゴリ
  • ホーム
  • 音楽
  • ビートルズ、青盤・赤盤で17年ぶり2作同時TOP5入り

ビートルズ、青盤・赤盤で17年ぶり2作同時TOP5入り

 最新デジタル・リマスター盤として18日に全世界同時発売されたザ・ビートルズのベストアルバム『ザ・ビートルズ 1967年〜1970年』(通称・青盤)と『ザ・ビートルズ 1962年〜1966年』(通称・赤盤)が、発売初週にそれぞれ3.1万枚ずつ売り上げ、11/1付週間アルバム洋楽ランキング1、2位を独占した。総合アルバムランキングでも3位(青盤)と4位(赤盤)に初登場。ビートルズの2作同時総合TOP5入りは、『赤盤』『青盤』が初CD化された1993年の10/4付で『赤盤』が3位、『青盤』が5位を記録して以来17年1ヶ月ぶり。

 洋楽アーティストのアルバム2作同時総合TOP5入りは、2003年6/23付でロシアの女性デュオ・t.A.T.u.が『t.A.T.u.〜デラックス・エディション』と『t.A.T.u.』で4、5位を記録して以来、7年4ヶ月ぶりの記録となった。

 今回の『青盤』『赤盤』は、ザ・ビートルズ解散から3年後の1973年に、それぞれアナログLP2枚組で発売されバンド史上最高のセールスを記録したベストアルバムの再発盤。1993年の初CD化から初めて、最新デジタル・リマスターCDとして発売された。

 『青盤』には「ヘイ・ジュード」「レット・イット・ビー」など1967〜70年までの代表曲28曲、『赤盤』には「イエスタデイ」「ラヴ・ミー・ドゥ」「イエロー・サブマリン」など1962〜66年までの初期の代表曲26曲がそれぞれ2枚組で収録されている。

■禁無断複写転載
※オリコンランキング(売上枚数のデータ等)の著作権その他の権利はオリコンに帰属していますので、無断で番組でのご使用、Webサイト(PC、ブログ、携帯電話)や雑誌等で掲載するといった行為は固く禁じております。詳しいお問い合わせは、弊社広報企画部までお願いいたします。




関連写真

  • 『ザ・ビートルズ 1967年〜1970年』(通称:青盤) 
  • 『ザ・ビートルズ 1962年〜1966年』(通称:赤盤) 

オリコントピックス