アニメ&ゲーム カテゴリ
  • ホーム
  • 音楽
  • ドリカム新曲が米倉涼子主演ドラマ主題歌に決定

ドリカム新曲が米倉涼子主演ドラマ主題歌に決定

■その他の写真ニュースはこちら

 人気ユニット・DREAMS COME TRUEの新曲「LIES, LIES.」(ライズ ライズ)が、10月21日スタートの米倉涼子主演ドラマ『ナサケの女〜国税局査察官〜』(テレビ朝日系 毎週木曜・21:00〜)の主題歌に決定したことが20日、わかった。米倉は「国税局の話だと一見ダークなイメージを持ちがちですが、ドリカムさんらしいナチュラルで前向きでテンポの良い曲で、さらにやる気もでました」と意気込んでいる。

 同ドラマで米倉が演じるのは、東京国税局査察部に属し、悪質な脱税者とのバトルを繰り広げるマルサの女・松平松子役。誰にも真似できない大胆さで犯人を追い詰めることから「女豹」と噂される謎の女を、米倉がコミカル&シリアスに演じる。

 ドラマプロデューサーの内山聖子氏はドリカムの主題歌起用について「大人の持つ新しいパワーを感じたかったこと、そして、ヒロインモノ・お仕事モノということで大胆さと繊細さのミックスがドラマのテーマになっているので、その部分を歌で伝えてくれるドリカムさんがいいなと思いました」と説明。「ドラマのイメージにピッタリでアグレッシブな曲なのですが、繊細なポイントが混ざっているのがとても大人っぽくて、すごく新鮮でした」とコメントしている。

 「LIES, LIES.」は10月27日発売。初回限定盤には、同ドラマのダイジェストムービーを収録した特典DVDが付属する。



関連写真

  • 米倉涼子 
  • DREAMS COME TRUE 

オリコントピックス