AKB48初の洋画主題歌決定 韓国大ヒット映画の超日本語吹き替え版で

■その他の写真ニュースはこちら

 人気アイドルグループ・AKB48の楽曲「あなたがいてくれたから」が、韓国映画『TSUNAMI-ツナミ-』超日本語吹替版(9月25日公開)の主題歌に決定した。AKB48が洋画および実写映画の主題歌を担当するのは2006年のデビュー以来初。同映画が愛する人や家族の絆を描いていることから、メンバーの前田敦子(19)は「AKB48との共通点を持つ映画『TSUNAMI』の主題歌に選ばれて光栄です」と喜んだ。

 同主題歌は、AKB48のアルバム『SET LIST〜グレイテストソングス〜完全盤』(7月14日発売)収録曲。板野友美(19)は「帰る場所と絆でつながった仲間がいるからあきらめないで頑張れた。そんな歌」であることから「この歌が映画の主題歌になって、多くの方を感動させるお手伝いができたらすごく嬉しい」と期待を寄せる。

 映画『TSUNAMI-ツナミ-』は、高さ100m、時速800kmの猛スピードで迫ってくるアジア最大の超大型津波が、平和な生活を一瞬にして奪い去る様を生々しく描いたパニックムービー。韓国では2009年に公開され、韓国映画歴代4位の1150万人を動員する大ヒット作となった。

 日本では9月25日から200館以上の映画館で上映、ほぼ全館で超日本語吹替版で公開される。

関連写真

  • 初の洋画主題歌を担当するAKB48  (C)AKS 
  • 映画『TSUNAMI-ツナミ-』場面写真 (C)2009 CJ Entertainment Inc. All Rights Reserved. 
タグ

オリコントピックス

メニューを閉じる

 を検索