アニメ&ゲーム カテゴリ
  • ホーム
  • 音楽
  • 幻のフリーペーパー「美少女図鑑」が初のCDアルバム発売 ご当地ソングをカバー

幻のフリーペーパー「美少女図鑑」が初のCDアルバム発売 ご当地ソングをカバー

■その他の写真ニュースはこちら

 「幻のフリーペーパー」として話題の『美少女図鑑』から4月28日、初のCDが発売されることがわかった。地方都市限定発行で、地元の一般女性がモデルとして登場することで知られる同紙だが、まずは宮城県の『仙台美少女図鑑』を皮切りに、オーディションを通過した10名が仙台の“ご当地ソング”をカバー。音楽面からも地方にスポットを当てる。

 その街に住む普通の女の子たちをモデルに、誰もが見覚えのあるそのエリアの街並みをロケーションとして撮影。東京以外の地方都市限定、発行部数2万部で増刷なしという希少価値が話題を呼び、今や幻のフリーペーパーとして高い注目度を誇る同紙が今度は音楽業界とタッグを組むことになった。

 CDの発売元である32RecordsのA&R兼プロデューサーと、仙台美少女図鑑のプロデューサーが共通の友人を介して昨年11月に知り合ったことで、今回の企画が誕生。「美少女図鑑のコンセプトである“地域貢献と地域密着”」を軸に、御当地ソングをテクノポップ風にアレンジして若者への訴求効果を高めた。

 第1弾となる仙台版の収録曲は、さとう宗幸「青葉城恋唄」、GReeeeN「愛唄」という宮城出身アーティストのカバーをはじめ、民謡「大漁唄い込み」のリミックス版と東北楽天ゴールデンイーグルスのチアガール軍団とのコラボレート版を収録。さらにローカルCMとして地元ではお馴染みの万代リサイクルショップのCMソング「くるくるリサイクル恋愛」も盛り込んだ。

 カバーのほか、宮城&仙台の観光名所や郷土品などを歌詞で網羅した「台美少女観光図鑑Rap.」、東京へ行った友達に贈る「七夕には会えるね。〜杜の都からエール〜」など計7曲を収録。プロデューサーは「全体のアレンジをテクノポップにしてるあたりは今な感じだし、仙台・宮城だけでなく日本全国、世代を越えて幅広く愛される1枚になれる可能性も」と自信をのぞかせる。 今回、歌声を披露する面々はその名も「仙台美少女図鑑・歌組」として、4月28日にミニアルバム『初めまして。DOKIDOKI!仙台美少女図鑑です。』でジャケットにも登場。ゴールデンウィークから七夕にかけて積極的にPR稼働し、地元のテレビやラジオ、インストアライブなどで露出も図る。

◆街ナカの気になる女の子&男の子を日替わりで紹介!
 >>今日の注目GIRL|>>今日のオシャレ男子



 GReeeeNさとう宗幸



タグ

オリコントピックス