アニメ&ゲーム カテゴリ
  • ホーム
  • 音楽
  • 安室奈美恵、アジア5ヶ国・地域でアルバムNo.1 日本人女性アーティスト初の快挙

安室奈美恵、アジア5ヶ国・地域でアルバムNo.1 日本人女性アーティスト初の快挙

■その他の写真ニュースはこちら

 人気歌手・安室奈美恵が昨年12月16日に発売したオリジナルアルバム『PAST<FUTURE』が、日本・台湾・香港・韓国・シンガポールのアジア5ヶ国・地域でアルバムランキング1位を獲得した。各国とも発売から1週間後のランキングで1位を獲得しており、日本人女性アーティストとして史上初の快挙に安室は「アジア各国でも1位を獲得でき、大変嬉しく思っております」と喜びのコメントを寄せた。

 日本では昨年12/28付でオリコン初登場1位を獲得。香港唯一のJ-POPランキングとなる「HMV香港 J/K-POP週間チャート」では、昨年12/22発表から1/26発表まで6週連続で1位をキープ。香港では連続1位を獲得することは非常に稀といい、これまでの同国内における海外歌手としての最高記録であった5週連続1位を初めて更新した。また同国内のラジオ「RTHK週間J-POPチャート」でも1位を獲得している。

 香港以外に台湾でも「HIT FM週間チャート」でラジオランキング1位(12/14〜20集計)を獲得するなど、アルバム購入者以外へも高く訴求。同国でのメインチャートとなる大手CDショップ3社『G-Music』『Five Music』『佳佳』で全て1位を獲得した。

 CDショップでの購入習慣がほぼないという韓国では、音楽配信サイト大手の『yas24』『kyobo』『interpark』及び韓国のメインランキングとなる、最大手配信サイト『Melon』のJ-POPチャートで1位を獲得。K-POP人気が高いといわれるシンガポールでは、ベスト盤『BEST FICTION』の発売時は2位だったが、今回は昨年12/29発表から1/19発表まで4週連続で1位をキープするなど好調だ。

 発売元のエイベックスでは、今回のヒットについて「アジア各国では、日本のファッション雑誌やインターネット、テレビや新聞等、トップアーティストであればあるほどその情報に触れる機会が多いため、日本での安室奈美恵のファッションや音楽性が幅広くアジアに伝わったことがこの快挙の大きな理由」と分析。安室も「これからも、より多くの国の方々に応援して頂ける様に頑張っていきたいです」とコメントしており、今回のアジアでの反響を受けてタイでもアルバム発売を予定しているという。

 安室は、2009年に女性アーティスト歴代最大動員数を記録(約50万人動員)した全国ツアー『namie amuro BEST FICTION TOUR 2008-2009』の追加公演で台湾と上海でもパフォーマンス。台湾で収録されたライブDVD『namie amuro BEST FICTION TOUR 2008-2009』は、初動売上記録で女性アーティスト歴代トップとなった。

 アジアでのライブは、2002年の『ASIA MUSIC FESTIVAL IN 上海』のほか、2004年に全国ツアーのアジア公演で『So Crazy in Taipei』(台湾)、『AMURO NAMIE So Crazy Your in Seoul 2004』(韓国)を行い、さらに韓国及びタイで行われたMTVの音楽イベントにも2004年から2年連続で参加。2008年にも台湾公演を開催するなど、アジア各国での人気を不動のものとしている。

 男性では、人気グループ・が日本・台湾・香港・韓国・タイで同様にアジア5ヶ国・地域で1位を達成している。

⇒アルバム収録曲のミュージックビデオのカットをチェック!


 安室奈美恵



オリコントピックス