アニメ&ゲーム カテゴリ
  • ホーム
  • 音楽
  • ミキティ”以来7年ぶり、新星・真野恵里菜のメジャー第1弾が初日3位

ミキティ”以来7年ぶり、新星・真野恵里菜のメジャー第1弾が初日3位

■その他の写真ニュースはこちら

 松浦亜弥、ミキティこと藤本美貴に続くハロー! プロジェクト7年ぶりのソロ・アーティストとしてメジャーデビューを飾った期待の新星・真野恵里菜の1stシングル「乙女の祈り」が店着初日の17日(火)、0.8万枚を売上げ、同日付デイリーシングルランキングで3位にランクイン。01年4/23付の松浦亜弥「ドッキドキ!LOVEメール」(最高位10位)以来、ハロプロのソロ・アーティスト8年ぶりとなる週間TOP10デビューに向け、好スタートを切った。真野は「最初のシングルの発売日なのでドキドキしました」と、初々しさを見せた。

 真野恵里菜は、07年9月に音楽ガッタスの一員として「鳴り始めた恋のBELL」でCDデビューし、08年3月には、音楽ガッタス卒業と同時にソロに転向。メジャーデビュー作となった「乙女の祈り」の作曲は、「愛は勝つ」のヒットで知られるシンガー・ソングライターのKAN、作詞は松田聖子「青い珊瑚礁」、杏里「キャッツ・アイ」を手掛けた三浦徳子が担当。真野のピアノ弾き語りによる“卒業ソング”となっている。

 同作の朗報に真野は「私のデビューシングル「乙女の祈り」が、オリコンデイリーランキングの3位になったと聞き、ホントに嬉しくて、ビックリです。買っていただいた皆さん、ありがとうございます。やっぱり、最初のシングルの発売日なのでドキドキしました。」と、発売初日の心境を告白。さらに「それがデイリーランキングの一日目で3位という素晴らしい結果で……。応援してくれるファンの皆さん、スタッフの方々に本当に感謝です。この曲は私のお父さん、お母さん世代の方には懐かしく感じてもらえると思いますし、私と同世代の人には新しいと感じてもらえると思いますので、たくさんの方に聴いていただきたいです。これからも応援よろしくお願いします」と、感謝の気持ちを表した。

 なお、同日付シングルランキングは、初日2.7万枚を売り上げた、安室奈美恵の「WILD/Dr.」が1位。アルバムランキングでは、2.9万枚を売り上げた、BoAの2枚組アルバム『BEST&USA』が1位に。それぞれ初日首位を飾った。

【写真】その他の写真を見る


関連写真

  • 3/17付デイリーシングルランキングで3位にランクインした「乙女の祈り」初回盤A 
  • 「乙女の祈り」初回盤B 
  • 3/17付デイリーシングルランキングで3位にランクインした「乙女の祈り」初回盤C 
  • 3/17付デイリーシングルランキングで3位にランクインした「乙女の祈り」通常盤 
  • 真野恵里菜 

オリコントピックス