音声合成ソフト「初音ミク」を使ったアルバムが初日2位に

 音声合成ソフト「初音ミク」をアーティストとして制作されたsupercellの1stアルバム「supercell」が2.0万枚を売り上げ、3/3付デイリーアルバムランキングで2位に初登場した。

 音声合成ソフトとは、メロディと歌詞を入力することで、合成音声によるボーカルパートやバックコーラスをパソコン上で作成できるソフト。「初音ミク」は、バーチャルアイドルのキャラクターを設定したことによって、“ボーカロイド”(ボーカル+アンドロイド)として人気を集めている。

 supercellは、ミュージシャンのryoがプロデュースするクリエイター集団。本作は、「初音ミク」を使って制作され、動画投稿サイトで話題となった「メルト」や「ワールドイズマイン」「ブラックロックシューター」などを収録している。


オリコントピックス

メニューを閉じる

 を検索