三浦友和・山口百恵さんJr.で話題のバンド・Peaky SALTが新CM出演

■その他の写真はこちら

 昨年11月にシングル「イトシセツナナミダ」でメジャーデビューした、俳優・三浦友和と元歌手・山口百恵さん夫妻の長男・三浦祐太朗(ユウ)がボーカルとギターを担当する4人組ロックバンド・Peaky SALT(ピーキーソルト)が、ハウス食品の新CMに“再び”メンバー全員で出演することが12日(木)までにわかった。CM曲には4月8日発売の2ndシングル「ピカピカ」が起用されており、ユウは「踏み出す一歩にそっと手を差し伸べるような曲です」とコメントを寄せている。

 後に加入する後輩のスーザン(ドラム)を除く中学時代の同級生3人で結成したバンドを母体に、2007年2月より本格的にPeaky SALTとしての活動をスタート。地道にライブ活動を続け、ユウらがメジャーへの切符を掴んだのは24歳。屈指のサラブレッドとしての面影を漂わせるそのビジュアルは、同社の清涼飲料水『うるおい美率』のCMにメンバー全員で出演して地上波に流れ、その後“サラブレッド”であることが報じられた。

 先行する話題をよそに楽曲のクオリティの高さは各方面で評判を呼んでおり、キャッチーかつさわやかなエモーショナルロックを新曲「ピカピカ」でも響かせている。新曲について、メンバーはそれぞれ「辛い経験を乗り越えて、新しい自分を見つけてもらいたい曲です」(キミヒデ=ギター)、「いつまでも輝き続けたいあなたへ」(コセン=ベース)、「ピカピカな2ndシングルをどうぞよろしく!!」(スーザン)とコメント。

 そんな彼らの新曲は、来月2日より名古屋以西で先行発売される同社のスナック菓子『こんがりポテト』(3月30日全国発売)のCM曲に起用され、CMも同日より前回の倍の露出量でオンエア開始。今春以降には1stアルバムを発売し、その前後にイベント出演などを経て今秋から本格的なライブツアーをスタートさせる予定。

デビュー曲「イトシセツナナミダ」ミュージックビデオ




 山口百恵

Peaky SALT(左からベースのコセン、ボーカルのユウ、ドラムのスーザン、ギターのキミヒデ) 

Peaky SALT(左からベースのコセン、ボーカルのユウ、ドラムのスーザン、ギターのキミヒデ) 

写真ページを見る

オリコントピックス

あなたにおすすめの記事

メニューを閉じる

 を検索