• ホーム
  • 音楽
  • flumpool、アルバムジャケットで衝撃のフルヌード披露

flumpool、アルバムジャケットで衝撃のフルヌード披露

■その他の写真ニュースはこちら

 メジャーデビュー曲「花になれ」がCMソングに起用され、TBS系ドラマ『ブラッディ・マンデイ』の主題歌も担当し注目を集める新人バンド・flumpool(フランプール)。先日、東京・原宿で行ったライブでは200人限定のところ1000人以上が集まるなど、10代20代の女性を中心に人気となっている彼らが、19日(水)に発売するミニアルバム『Unreal』のジャケットで“全身裸”姿を披露していることがわかった。

 メンバー4人が裸姿で並んでいるジャケットのデザインは、メンバーを含め念入りなミーティングを重ね決定したもので、「僕たちはメジャーデビューしたばかり、いわば生まれたばかりの裸の状態。それを普通の“裸”ではなく、現実的ではない無表情な“ドール(人形)として見せることによって、見た目ではわからない僕たちの内なる感情や想いを表現したい」という想いから、“全身裸”姿となった。

 “おしり”だけが見えるようになっている特殊ケース入りと、遊び心も加わっている同アルバムは、ジャケットに関して「本物?」「合成?」との声もあがっており、楽曲とともに話題を呼びそうだ。


 flumpool



関連写真

  • flumpoolがフルヌードを披露している『Unreal』 
  • flumpoolのおしりだけが見える特殊ケース入りジャケ写 
  • flumpool 
タグ

オリコントピックス