アニメ&ゲーム カテゴリ
  • ホーム
  • 音楽
  • 日本歌謡史の名曲「学園天国」が初めて英語でカバー

日本歌謡史の名曲「学園天国」が初めて英語でカバー

■その他の写真ニュースはこちら

 日本の歌謡史において燦然と輝く数々の名曲の作詞を手がけながら昨年惜しくも他界した阿久悠氏作詞の不朽の名作「学園天国」。1974年にフィンガー5が歌いヒット、のちに1989年の小泉今日子によるカバーで、再び脚光を浴びた作品。この度、海外アーティストのアンドリューW.K.が英語ロック・バージョンでカバーすることが分かり、21世紀になった今も歌い継がれていくことになりそうだ。同曲の外国語によるカバーが公式にリリースされるのは初めて。

 「邦楽カバー着うた(R)リリース・マラソン」と題して7月23日より、日本のポップスを英語カバーの着うた(R)でリリースし続けている米・カリフォルニア出身のロック・ボーカリストのアンドリューW.K.。これまでに、GReeeeNから羞恥心、さらにはブルーハーツまで、その対象曲のジャンルの幅広さも話題を呼んでいる。

 そんな彼がフィンガー5の「学園天国」をカバーして着うた(R)として4日(木)より配信開始。阿久悠氏作詞の不朽の名作として1974年にヒットしたのち、小泉今日子がカバーしたことで、時代を経て愛されてきた。今回のアンドリューによるカバーで、21世紀にもバトンが渡された形だ。

 なお、このカバーは11月5日(水)に発売が予定されている彼のカバー・アルバム(邦楽ヒット曲カバー・アルバム)にもフル・バージョンとして収録されることも決定。しかもなんと「学園天国」はこれまで日本語以外でのカバーが公式にリリースされたことはなく、これが初の外国語カバーということになる。アンドリューW.K.ならではのパーティ・ロック・アレンジが聴きどころだ。



◆着うたの試聴はこちら◆
http://www.universal-music.co.jp/u-pop/artist/andrew/

■ヒット曲満載&好評配信中!!
アンドリューW.K.の着信メロディ / 羞恥心の着うた(R)/着うたフル(R)/着信メロディ
GReeeeNの着信メロディ / 鼠先輩の着信メロディはこちら


今月の写真ニュース一覧をみる


オリコントピックス