ニコニコ動画で話題の「らっぷびと」が有線1位獲得

■その他の写真ニュースはこちら

 ニコニコ動画で話題となっている、20歳のアマチュアアーティスト「らっぷびと」のオリジナル曲「When They Cry」が有線で大きな反響を呼び、7月度有線問い合わせランキングで1位を記録したことがわかった。

 “らっぷびと”は、昨年放送されていたアニメ番組『さよなら絶望先生』(テレビ東京系)のオープニング曲「人として軸がぶれている」をリメイク、ニコニコ動画で公開し人気となっていた。「When They Cry」は今年の2月からネット上で公開されていたが、本日6日(水)にデビューアルバム『RAP BEAT』が発売されることに先駆け、7月上旬に有線で配信。デビュー作ながら7月度問い合わせランキング1位を獲得した。

 現在、インターネットを介して、名前も知らないトラックメイカーが提供した曲に、ラッパーが自身のラップを乗せてインターネットで公開するという、インターネット世代ならではの新たな潮流によってクリエイターが誕生するようになっており、“らっぷびと”もそういったシーンから登場したアーティストといえる。

 今回発売されるデビューアルバムはそういったネットラップの音源交換サイト『アンダーグラウンドシアター』で知り合った仲間と制作したもので、今までの集大成とも呼べる楽曲をメインに収録。新しい音楽の形として話題を呼びそうだ。

今月の写真ニュース一覧をみる

関連写真

  • 「らっぷびと」のイメージイラスト 
  • ニューアルバム『RAP BEAT』(8月6日発売) 

オリコントピックス

メニューを閉じる