今年の五輪ソング、“金メダル”に輝くのは?

■ミスチル、嵐、SMAP、レミオ、福山、EXILE…そうそうたる顔ぶれの“五輪ソング”

 いよいよ8月8日(金)から開幕する北京五輪。全世界が注目する平和の祭典に向け、各国選手団の選手村入りが始まるなど、毎日のように五輪関連のニュースが大きくクローズアップされ、日ごとにそのボルテージは上がるばかりだ。中継するTV各局も、選手の一挙手一投足を伝えるべく準備万端といったところだろうか。我々は日の丸を背負って戦う選手達の活躍に、一喜一憂する日々が始まるわけだが、その映像に欠かせないのがやはり音楽だろう。そこで、時には選手に勇気を与え、励ますこともできるTV各局の“北京五輪テーマソング”をまとめてみた。今回も名曲揃いで、忘れられない夏を演出してくれそうだ。

 NHKはMr.Childrenのミディアムバラード「GIFT」(発売中)を起用。温かいメロディと、真っ直ぐで優しくも骨太な言葉、そして櫻井のふり絞るようなボーカルは「これぞミスチル!」と言いたくなる作品。

 日本テレビ系は、の「風の向こうへ」(8月20日発売)で、力強く、気持ちがアゲアゲになる応援歌。同局の五輪キャスターを務めるメンバーの櫻井翔が、取材した選手達の想いをラップ詞にし、選手の気持ちと嵐の応援メッセージとがリンクして、熱い気持ちになる。時を経ても、普遍的な応援ソングになりそうだ。

 SMAP中居正広がキャスターを務めるTBS系は、同じくSMAPの「この瞬間(とき)、きっと夢じゃない」(8月13日発売)。彼らのナンバーといえば“爽やか&感動ポップス”のイメージがあるが、今回の作品もまさにそう。少しでも、大きな舞台に立つ選手達の力になれば、そんな願いが込められた同曲の作詞・曲を手がけたのは注目の新人グループ・Hi-Fi CAMP(ハイファイキャンプ)だ。ちょうど発売日には、中居が特に注目する競技・野球日本代表、星野JAPANの予選初戦(キューバ戦)が予定されており、SMAPの、そして中居の想いが通じるか大注目だ。

 フジテレビ系はレミオロメンの「もっと遠くへ」(7月30日発売)。強い意志と熱い気持ちを感じさせてくれるレミオロメンのこのバラードは、暑い夏だからこそ余計に胸に響くのかもしれない。

 テレビ朝日系は福山雅治「HIGHR STAGE」(発売日未定)。福山は同曲のオフィシャルカメラマンとしても参加し、写真と音楽とで選手達にエールを贈る。

 テレビ東京系は、約117.3万枚(8/4付現在)を売上げているEXILEのベスト盤『EXILE CATCHY BEST』(3月26日発売)収録バージョンの「Fly Away」(3rdシングル)。キャッチーで、耳にスッと入ってくる覚えやすいメロディと、選手達の胸のうちを表しているかのような詞とが、映像と相まって感動を与えてくれそうだ。

 主役は選手。台本も演出もない“ドラマ”は、かけがえのない大きな感動を与えてくれるが、その感動をさらに映像と共にいつまでも心に“保存”する際の手伝いをしてくれるのが、音楽だ。今回の五輪ソング、この中で“金メダル”を獲るのはどの作品だろうか。こちらの方も楽しみだ。

■ヒット曲満載&好評配信中!!
Mr.Childrenの着信メロディーはこちら
嵐の着信メロディーはこちら
SMAPの着信メロディーはこちら
Hi-Fi CAMPの着うた(R)/着うたフル(R)/着信メロディーはこちら
レミオロメンの着信メロディーはこちら
福山雅治の着信メロディーはこちら
EXILEの着信メロディーはこちら

今月の写真ニュース一覧をみる

Mr.Children『3ヶ月連続リリース第1弾は『北京オリンピック』NHK放送テーマソング』

⇒ 『編集長の目っ!!』過去記事一覧ページ 

Mr.Children、シングル「GIFT」 

Mr.Children、シングル「GIFT」 

写真ページを見る

【写真】その他の写真を見る


関連写真

  • Mr.Children、シングル「GIFT」 
  • レミオロメン、シングル「もっと遠くへ/オーケストラ」 
  • EXILE、ベスト盤『EXILE CATCHY BEST』 

オリコントピックス

あなたにおすすめの記事

メニューを閉じる

 を検索