浜崎あゆみ、キスシーンは「自分の歌が一緒にあればアリ」

■その他の写真はこちら

 歌手の浜崎あゆみが9月13日(木)、東京・原宿のKDDIデザイニングスタジオで行われた『au MUSIC FIESTA』の公開収録に登場。ファンとの近い距離感を楽しみつつ、今まで貫き通してきた想いを語った。

 ロックテイスト溢れる衣装で現われた浜崎は、19日(水)に発売する新曲「talkin'2 myself」を「自分に話しかけている感じを歌にしました。私の中の(歌詞の)テーマは、自由との戦い。行動よりも気持ちの自由です」と紹介。“決断”をテーマにしたカップリング「decision」については、「自分のスタイル、生き方に対して腹くくっていますよっていう歌です」と語った。

 来年デビュー10周年を迎える浜崎は、変わらない姿勢として「ファンの人たちに誠実である事」と語り「自分の言葉で伝える事が、100%できるかというとできない事もあるけれど、その中でスタイルを突き通す事には胸を張れるかな」と宣言した。

 またキスシーンに初挑戦した事で話題になったが「自分の歌があってのお芝居はアリだけれど、役者だけ(の仕事)はないかな」と苦笑い。今後も「歌手でやっていきたい」と誓い、ファンから「あゆー」と大歓声を浴びた。

 この模様は22日(土)と29日(土)の2回に分けてFm yokohama、Nack5、bayfmの3局で放送される。

■ヒット曲満載&好評配信中!!
浜崎あゆみの着信メロディはこちら


原宿・Kスタイベント情報はこちら

関連写真

  • 『au MUSIC FIESTA』の公開収録に登場した浜崎あゆみ 
  • 浜崎あゆみ 

オリコントピックス

あなたにおすすめの記事

メニューを閉じる

 を検索