• ホーム(ORICON NEWS)
  • ORICON MUSIC TOP
  • 筒井あやめ、革命児のウォーミングアップは完了? 齋藤飛鳥から贈られた言葉で涙の決意「乃木坂46に革命を起こせる人に」

アイドルグループ・乃木坂46が9日、東京・有明アリーナで『乃木坂46 35thSGアンダーライブ』最終公演を開催した。7日からの3日間で約3万6000人を動員し、本日の最終公演のみオンライン生配信も行われた。 同ライブは、34枚目シングル「チャンスは平等」(4月10日発売)のアンダー楽曲「車道側」の参加メンバーである岡本姫奈小川彩奥田いろは金川紗耶黒見明香佐藤璃果柴田柚菜菅原咲月清宮レイ筒井あやめ冨里奈央中西アルノ林瑠奈松尾美佑矢久保美緒の15人が参加。初めて4、5期生のみで挑んだアンダーライブとなった。 今回「車道側」のセンターを務め、『アンダーライブ』の座長としてメンバーを引っ張ってきた筒井。ライブでは最後の曲に入る前「初めての座長という立場で、自分に何ができるのかなと悩んでいたんですけど、そんな悩む必要はありませんでした。みんな一人ひとりできることをやって、この場所を守るために頑張っていて、そんなみんなで今日まで作り上げてきました」と自身の思いを吐露。

この記事の画像

  • 『乃木坂46 35thSGアンダーライブ』より 撮影:鈴木健太(KENTA Inc.)
  • 『乃木坂46 35thSGアンダーライブ』より 撮影:鈴木健太(KENTA Inc.)
  • 『乃木坂46 35thSGアンダーライブ』より 撮影:鈴木健太(KENTA Inc.)
  • 『乃木坂46 35thSGアンダーライブ』より 撮影:鈴木健太(KENTA Inc.)
  • 『乃木坂46 35thSGアンダーライブ』より 撮影:鈴木健太(KENTA Inc.)
  • 『乃木坂46 35thSGアンダーライブ』より 撮影:鈴木健太(KENTA Inc.)
  • 『乃木坂46 35thSGアンダーライブ』より 撮影:鈴木健太(KENTA Inc.)

オリコントピックス

あなたにおすすめの記事

メニューを閉じる

 を検索