• ホーム(ORICON NEWS)
  • ORICON MUSIC TOP
  • SixTONES、初4大ドームツアー完走「終わってしまうのがもったいない」 決意新た「この勢いのまま…」【メンバーコメントあり】

6人組グループ・SixTONES(ジェシー京本大我松村北斗田中樹高地優吾※高=はしごだか、森本慎太郎)が22日、東京ドームでコンサートツアー『VVS』(バイブス)の最終公演を開催。メンバーからコメントが寄せられ、“今年のリーダー”ジェシーは「きょうで終わってしまうのがもったいない」と語った。 「360度ステージ」「生バンド演奏」を始めて取り入れた今回のステージのこだわりについて、森本は「360度のステージ構成には、かなり難しさがありました。前にも後ろにもお客さんがいるので、会場全体の一体感を生むライブ構成がすごく大変でした」と回想。「結果的には、ライブを大事にしているSixTONESの良さを、うまくお客さんに伝えられてるステージなのではないかな、と思います。パフォーマンスにしろ、歌にしろ、良いようにハマっていった感じがします」と分析した。

この記事の画像

  • SixTONESドームツアー『VVS』より
  • SixTONESドームツアー『VVS』より
  • SixTONESドームツアー『VVS』より

オリコントピックス

あなたにおすすめの記事

>

メニューを閉じる

 を検索