ORICON NEWS

レベッカNOKKO「THE FIRST TAKE」初登場 高橋教之、是永巧一らと「フレンズ」一発撮り

 1980年代後半に一世を風靡し、今年結成40周年を迎えるロックバンド・REBECCA(レベッカ)のボーカルNOKKOが、YouTubeチャンネル「THE FIRST TAKE」(第412回)に初登場する。きょう1日午後10時にYouTubeでプレミア公開される。

「THE FIRST TAKE」に初登場するNOKKO

「THE FIRST TAKE」に初登場するNOKKO

写真ページを見る

【写真】その他の写真を見る


 NOKKOが歌うのは、REBECCAブレイクのきっかけとなった代表曲「フレンズ」。友情が恋へと変わることで壊れてしまった関係を描いた切ないラブソングを情感豊かに歌い上げる。

 ベースはREBECCAの高橋教之、アレンジとギターはサポートメンバーの是永巧一が担当。ドラムはパール兄弟の松永俊弥、キーボードは真藤敬利が演奏する。

 NOKKOは「『フレンズ』は、長い間ずっと付き合ってきた曲で、どんな時もいつもそばにいてくれた曲です」とコメントしている。

YouTube公式チャンネル「ORICON NEWS」

関連写真

  • 「THE FIRST TAKE」に初登場するNOKKO
  • YouTubeチャンネル「THE FIRST TAKE」ロゴ

オリコントピックス

あなたにおすすめの記事

>

メニューを閉じる

 を検索