• ホーム(ORICON NEWS)
  • ORICON MUSIC TOP
  • 日向坂46、デビュー以来初の選抜制度に反響「ついに来たか」「これからどうなっていくのか…」 16人選抜で新センターは四期生・正源司陽子

アイドルグループ・日向坂46の11枚目シングル(4月10日発売/タイトル未定)のフォーメーションが、25日深夜に放送されたテレビ東京『日向坂で会いましょう』で発表された。同シングルでは、日向坂46としてデビュー以来初の選抜制が採用され、Xでは「選抜制度」がトレンド入りした。 日向坂46のシングルは、前作「Am I ready?」(昨年7月発売)以来9ヶ月ぶり。22年9月に加入した四期生が初めて表題曲に参加することとなり、選抜メンバー16人が発表された。選抜制度になって初のセンターは四期生の正源司陽子(17)が務める。四期生からは正源司のほか、藤嶌果歩(17)、宮地すみれ(18)、平尾帆夏(20)、山下葉留花(20)の5人が選抜入りした。

この記事の画像

  • 日向坂46・四期生の正源司陽子 (C)ORICON NewS inc.
  • 日向坂46 11thシングル ティザー映像サムネイル

オリコントピックス

あなたにおすすめの記事

メニューを閉じる

 を検索