ORICON NEWS

生田絵梨花、ピアノを相棒に自作曲でソロデビュー決定 4・10に1stEPをリリース【本人コメント全文】

 元乃木坂46で俳優の生田絵梨花が、4月10日に1stEP「capriccioso」でソロデビューすることが決定した。

生田絵梨花、4月10日に1stEP「capriccioso」でソロデビュー決定

生田絵梨花、4月10日に1stEP「capriccioso」でソロデビュー決定

写真ページを見る

【写真】その他の写真を見る


 2021年に乃木坂46を卒業し、現在はミュージカルをはじめテレビドラマ・映画など俳優としてもさまざまな作品に出演。2023年12月にはディズニー100周年記念作『ウィッシュ』の主人公、アーシャ役の日本版声優を務めるなど幅広く活躍している。

 また、数々の歌番組やミュージカルへの出演で確かな歌唱力を発揮、そして幼少期から磨き上げたピアノの実力も披露している。生田は、コロナ禍でのステイホーム期間に独学で作詞作曲を始めたそうで、今回リリースする「capriccioso」は、自身が作詞作曲を務めた楽曲を中心に、歌とピアノでリスナーの日常に寄り添う音楽を紡いだ作品となっている。

 タイトルの「capriccioso」は“気ままに”“気まぐれに”という意味の音楽用語。「かちかち決められたことをやったり守ったりするのではなく、はみ出してみたり音で遊ぶような感覚を大事にしたいという自身の気持ちと、聞いていただく皆さんにも気軽に好きな時に好きなように聞いてもらいたいな」という思いを込めたという。

『Erika Ikuta 2022 winter fun at KT Zepp Yokohama 』DIGEST MOVIEサムネイル

『Erika Ikuta 2022 winter fun at KT Zepp Yokohama 』DIGEST MOVIEサムネイル

写真ページを見る

 リード曲「Laundry」は洗濯機を眺めながら浮かんだ鼻歌から作った楽曲。共作詞にはいしわたり淳治氏を迎え、Jazzyなサウンドに洗濯機のグルーヴを感じる一曲になっている。「No one compares」はコロナ禍のステイホーム期間で作詞作曲を始めた際に初めて作った特別な一曲。「I'm gonna beat you!!」は楽しげなサウンドが印象的なライブチューン。さらに本人がミュージシャンとして影響を受けた藤井風の「ガーデン」のカバーを収録。ほか収録楽曲の詳細は後日発表予定となっている。

 さらに初回生産限定盤Aには、2023年10月5日に東京国際フォーラム ホールAにて行われた『Erika Ikuta Autumn Live Tour 2023 TOUR FINAL』、初回生産限定盤Bには2022年12月11日にKT Zepp Yokohamaにて行われた『Erika Ikuta 2022 winter fun』夜公演のライブ映像をそれぞれ特別編集で収録。本日開設された「生田絵梨花Official YouTube Channel」にダイジェスト映像が公開される。

『Erika Ikuta Autumn Live Tour 2023 at 東京国際フォーラム ホールA』DIGEST MOVIEサムネイル

『Erika Ikuta Autumn Live Tour 2023 at 東京国際フォーラム ホールA』DIGEST MOVIEサムネイル

写真ページを見る

■生田絵梨花 コメント
歌うこと、ピアノを弾くこと。
それは小さい時から続けてきた、自分の人生になくてはならないものです。

自分で曲を作ってみようと思ったきっかけは、コロナ禍のステイホーム期間でした。

外に出られなくなり、今まで出来ていたことが出来なくなり、ひとり部屋で自分は何をやるべきなのか、悶々と自分に問う日々が続きました。

そんな時期に大きな原動力になったのが、
「いつかコロナ禍があけてライブができるようになったら、自分で作った曲をみんなに聞いてもらいたい」という思いでした。

その景色をイメージしながら、ピアノの前に座って、言葉やメロディを試行錯誤しながら紡いでいく時間が、日々を生きるモチベーションになっていました。

あれから4年が経ち、こうして皆さまの元に自分の楽曲たちを届けられる日が来ることになり、とても感慨深い気持ちです。

初めはライブで楽曲を聞いてもらいたいというのがスタートでしたが、ファンの皆さまのお声やたくさんの方々のサポートのおかげで、このようにミニアルバムを引っ提げソロデビューさせていただく運びとなりました。
心より感謝致します。

アルバムタイトルの「capriccioso」(カプリチョーソ)というのは、音楽用語で、“気ままに”“気まぐれに”という意味です。

かちかち決められたことをやったり守ったりするのではなく、はみ出してみたり音で遊ぶような感覚を大事にしたいという私の気持ちと、聞いていただく皆さんにも気軽に好きな時に好きなように聞いてもらいたいな、という想いを込めました!

皆さまの日常に音楽を通して少しでも寄り添えられたらうれしいです。
私も気張らず音楽を楽しみたいと思います!

関連写真

  • 生田絵梨花、4月10日に1stEP「capriccioso」でソロデビュー決定
  • 『Erika Ikuta 2022 winter fun at KT Zepp Yokohama 』DIGEST MOVIEサムネイル
  • 『Erika Ikuta Autumn Live Tour 2023 at 東京国際フォーラム ホールA』DIGEST MOVIEサムネイル

オリコントピックス

あなたにおすすめの記事

>

メニューを閉じる

 を検索