7人組グループ・Travis Japanが、6日に東京ガーデンシアターで開催された、覆面DJマシュメロの4年ぶりとなる単独来日ツアーの初日公演にサポートアクトとして登場した。20日に発売の1stアルバムから先行配信されたばかりの新曲「LEVEL UP」を含む計7曲を披露し、楽曲とダンスの幅を見せるパフォーマンスでライブ本編に花を添えた。 カジュアルな衣装で登場したメンバーたちが、まず最初に披露したのはグローバルメジャーデビュー曲の「JUST DANCE!」僕たちと一緒に踊ろうという歌詞と共に華やかなパフォーマンスで大いに会場を盛り上げた後ガラッと雰囲気を変え、2022年のAmerica’s Got Talentでも披露し審査員に絶賛された楽曲「My Dreamy Hollywood」を歌唱。続く「Candy Kiss」で屈託のない甘い魅力を魅せた後、MCでは「マシュメロのライブ楽しみにしてきた人ー!!!」と、フロア、スタンド全体に声をかけ、Travis Japanを初めて見る観客にそれぞれの個性的な自己紹介を行なった。 ジュニア時代からの楽曲を2曲を掛け合わせ今年1月から3月のツアーでも話題を呼んだ「GET ALIVE × Lock Lock」を披露したのち、Poo Bearが書き下ろしたシックなベースラインと振り付けが印象的な「Moving Pieces」で大人っぽいパフォーマンスを展開。「PARTY UP LIKE CRAZY」でタイトル通りにさらに会場のテンションを盛り上げた。 直後のMCで川島如恵留が「改めて自己紹介します!We are…」と続け、「Travis Japan!」の歌い出しから始まるリリースされたばかりの新曲「LEVEL UP」を披露。「引き続きマシュメロのライブをお楽しみください!」と観客に声をかけオープニングアクトを終えた。

この記事の画像

  • 覆面DJマシュメロの4年ぶりとなる単独来日ツアー初日にサポートアクトとしてTravis Japanが登場(写真:邑田卓也)
  • 覆面DJマシュメロの4年ぶりとなる単独来日ツアー初日にサポートアクトとして登場したTravis Japan(写真:邑田卓也)
  • 覆面DJマシュメロの4年ぶりとなる単独来日ツアー初日にサポートアクトとして登場したTravis Japan(写真:邑田卓也)

オリコントピックス

あなたにおすすめの記事

メニューを閉じる

 を検索