ORICON NEWS

『笑ってコラえて』で注目の上京シンガー・有希乃、引退を発表「精神病の症状が日常生活に支障」【コメント全文】

 『笑ってコラえて』で注目を集めたシンガー・ソングライターの有希乃(ゆきの、25)が29日、自身のSNSを更新し、プロ活動から引退すると報告した。

有希乃のSNSより

有希乃のSNSより

写真ページを見る

 鹿児島出身、144センチの体でパワフルな歌声が特徴。中学卒業後、鹿児島から上京し、音楽活動を本格的に始動。 2016年1月に日本テレビ『笑ってコラえて』の取材を受け、全国放送にてオリジナル曲「Tear」を披露。 その時の動画が当時SNSを中心に多くの反響を呼んだ。

 2020年6月から活動休止していた。この日、所属事務所は「この度、弊社所属アーティスト有希乃は、以前から患っていた不眠症と、それに伴う精神病の症状が日常生活に支障をきたし、今後仕事として音楽を続けていくことが難しく、プロ活動からの正式な引退をしたい、との本人からの申し出により、弊社所属から退所する運びとなりました」と発表し、「活動休止中、有希乃自身は皆様からの応援の声に、とても救われておりました。弊社としても、大変残念ではございますが、まずは有希乃自身の体調が改善することを、切に願っております」とつづった。

 有希乃は自身のX(旧ツイッター)に「お詫びとご報告」を投稿。「現在は徐々に症状が緩和し、調整できるようになってきております」と現状を伝え、「自分自身の体調を改善することに専念していきますので、今後の音楽活動については今現在お答えできませんが、今まで有希乃を応援してくださった皆様、本当にありがとうございました」と呼びかけた。

■有希乃 コメント全文

この度、私有希乃は、今後お仕事として音楽を続けていくことが難しいため、プロ活動からの正式な引退として、今まで所属させて頂いていたDMTを退所する運びとなりました。
応援して下さっている皆様や関係者の皆様には、活動休止期間中、大変ご心配やご迷惑をおかけ致しましたことを心よりお詫び申し上げます。

音楽活動の休止に至った理由は、以前から思っていた不眠症とそれに伴う精神病の症状が、日常生活に支障をきたしていた為です。今日まで説明をすることができず、大変申し訳ございませんでした。

現在は徐々に症状が緩和し、調整できるようになってきております。
しかし、プロのお仕事として音楽を続けていくことは今後も難しいと考えたため、これまで温かく見守り支えてくださった事務所の方々と相談させて頂き、プロ活動からの正式な引退としてDMTとの契約を解消する運びとなりました。

活動休止中も、応援してくださる皆様の声にとても救われておりました。
自分自身の体調を改善することに専念していきますので、今後の音楽活動については今現在お答えできませんが、今まで有希乃を応援してくださった皆様、本当にありがとうございました。

2023.11.29 有希乃

オリコントピックス

あなたにおすすめの記事

メニューを閉じる

 を検索