ORICON NEWS

日プ女子・櫻井美羽&桜庭遥花、推しカメラ停止“ペナルティ”の理由公表 遅刻と忘れ物による減点

 視聴者がデビューメンバーを決めるサバイバルオーディション番組『PRODUCE 101 JAPAN』の第3弾『PRODUCE 101 JAPAN THE GIRLS』(毎週木曜 後9:00)の公式サイトが28日に更新され、練習生の櫻井美羽、桜庭遥花の「推しカメラ」の公開停止が発表された。

(左から)櫻井美羽、桜庭遥花 (C)ORICON NewS inc.

(左から)櫻井美羽、桜庭遥花 (C)ORICON NewS inc.

写真ページを見る

 公式サイトでは「櫻井美羽、桜庭遥花について合宿所ルール減点ポイントが既定の10ポイントに達した為、ペナルティとしてグループバトル及びポジションバトルの『推しカメラ』の公開を下記の期間停止いたします」と報告。停止期間はきょう28日の正午から30日の正午までとなる。

 これについてXなどSNS上では“減点内容”についてさまざまな意見が飛び交ったことから午後5時までに「誤解が生まれないよう減点の詳細を掲示いたします」と理由が公表となった。櫻井は「遅刻3点×4回=12点」、桜庭は「遅刻3点×3回=9点。忘れ物3点×1回=3点」と記されている。

 また「憶測等での誹謗中傷はお止めください。ご理解の程、宜しくお願いいたします」と呼びかけている。

 合宿所では、遅刻と忘れ物(提出物の出し忘れ・紛失)のほか「器物破損(3点)」「合宿所での夜間騒音(3点)」「勝手な単独行動(5点)」「無断外出(5点)」「番組進行に支障をきたすような行為・発言(5点)」「練習生・スタッフに対しての暴力および暴言(10点)」「飲酒・喫煙(10点)」「SNSの使用・スマホ等通信機器の持ち込み禁止(10点)」の10個のルールが規定されている。放送内では、減点ポイントが10点に達すると、「練習禁止」「推しカメラ停止」のペナルティが課されることが知らされていた。

 同番組は、「LEAP HIGH 〜君の夢は、時を越えて〜」を合言葉に、練習生たちが世界に羽ばたくガールズグループとして生まれ変わるためのトレーニングとテストを経て成長する。激しい競争の中、困難に挑み、挫折を乗り越えながら、視聴者(国民プロデューサー、以下国プ)による投票で生き残ったメンバーだけがデビューの夢をつかむオーディション番組。

 なお、23日に配信された「#8」で発表された、「第2回順位」では、櫻井は4位、桜庭は33位だった。

オリコントピックス

あなたにおすすめの記事

メニューを閉じる

 を検索