ORICON NEWS

Kアリーナ横浜、公演後の退場規制について謝罪 逐次改善、新設デッキ完成まで「あと1年程度」【全文】

 9月29日に開業した神奈川・横浜みなとみらい21地区の音楽アリーナ「Kアリーナ横浜」が14日、来場者の退場等にともなう規制について謝罪し、現状と対策を報告した。

Kアリーナ横浜の外観 (C)ORICON NewS inc.

Kアリーナ横浜の外観 (C)ORICON NewS inc.

写真ページを見る

 Kアリーナ横浜は公式ホームページにて「退場についてのお詫びとご報告」と題し、「Kアリーナ横浜の退場に際し、歩道上の安全や雑踏事故防止の観点から歩道へ出る箇所への出場規制を行うことにより大変時間を要し、ご来場の皆様に大変ご迷惑をお掛けしていることをお詫び申し上げます」と謝罪。

 「加えて、当施設でのライブ・コンサートの余韻を楽しむべき退場時に、ご来場の皆様がご不快な思いをしていること慚愧に堪えません。また、近隣住民の皆様や近隣施設をご利用の方にも一時的に歩道が通行しづらくなる等のご迷惑をおかけしていることを重ねてお詫び申し上げます」と、現状について報告とお詫び文を公表した。

 続けて「本年9月29日の開業以降、歩道上の誘導員の不足やみなとみらい歩道橋手前での滞留について、多くの皆様からご指摘をいただいており、逐次、誘導員の追加や誘導方法について改善を行ってまいりました。今後、比較的混雑の少ないみなとみらい駅方面へのルート案内や横浜駅までの複数のルート案内など、イベント主催者と連携し安全で円滑な退場ルートへの案内に努めてまいります」と報告。

 さらに「現在、当施設を含む周辺エリアは、横浜市によって観光・エンターテイメントを軸とした賑わいのある街づくりが進められており、これによる横浜駅からの来街者の増加に対応すべく、横浜市が(仮称)高島水際線デッキを整備しております。新設デッキが完成しますと、横浜駅方面へのルートが新たに確保できることになりますので、早期供用開始等について、横浜市と協議・調整を重ねておりますが、横浜市によりますと、新設デッキの完成まであと1年程度を要するとのことです」と、今後の対策についても図解とともに説明した。

【以下、コメント全文】

 Kアリーナ横浜の退場に際し、歩道上の安全や雑踏事故防止の観点から歩道へ出る箇所への出場規制を行うことにより大変時間を要し、ご来場の皆様に大変ご迷惑をお掛けしていることをお詫び申し上げます。加えて、当施設でのライブ・コンサートの余韻を楽しむべき退場時に、ご来場の皆様がご不快な思いをしていること慚愧に堪えません。また、近隣住民の皆様や近隣施設をご利用の方にも一時的に歩道が通行しづらくなる等のご迷惑をおかけしていることを重ねてお詫び申し上げます。

 本年9月29日の開業以降、歩道上の誘導員の不足やみなとみらい歩道橋手前での滞留について、多くの皆様からご指摘をいただいており、逐次、誘導員の追加や誘導方法について改善を行ってまいりました。今後、比較的混雑の少ないみなとみらい駅方面へのルート案内や横浜駅までの複数のルート案内など、イベント主催者と連携し安全で円滑な退場ルートへの案内に努めてまいります。

 現在、当施設を含む周辺エリアは、横浜市によって観光・エンターテイメントを軸とした賑わいのある街づくりが進められており、これによる横浜駅からの来街者の増加に対応すべく、横浜市が(仮称)高島水際線デッキを整備しております。新設デッキが完成しますと、横浜駅方面へのルートが新たに確保できることになりますので、早期供用開始等について、横浜市と協議・調整を重ねておりますが、横浜市によりますと、新設デッキの完成まであと1年程度を要するとのことです。

 ご来場いただいた方々やこれからご来場いただく予定の方から、ご不安や改善のお声を頂戴していることを真摯に受け止め、今後も当施設の運営改善に取り組んでまいりますので、ご理解のほどお願いいたします。

オリコントピックス

あなたにおすすめの記事

メニューを閉じる

 を検索