ORICON NEWS

KAN、メッケル憩室がんを公表「洒落にならない御報告です」 腹痛きっかけに検査し判明

 シンガー・ソングライターのKAN(60)が18日、公式サイトを通じて「メッケル憩室がん」であることを公表した。

KAN (C)ORICON NewS inc.

KAN (C)ORICON NewS inc.

写真ページを見る

 KANは公式サイトにて「突然ですが、どうにも洒落にならない御報告です。『がん』が見つかりました」と報告。「昨年秋に発症した腹痛が数週間継続したので病院に行き、検査を繰り返すうちにだんだん深刻な雰囲気になり、大きな病院に移って、更に多様な検査の後、組織摘出手術を行い、病理検査の結果、『メッケル憩室癌』と診断されました」と経緯を説明した。

 「予定されていたライヴは楽しくやり遂げさせていただきましたが、今後は治療最優先の生活に改変するため、4月の弦楽四重奏とのツアー【Concerto col Quartetto da Muroia 2023】は、やむなく中止とさせていただきます」と説明。また、ラジオのレギュラー番組のSTVラジオ『KANのロックボンソワ』とFM COCOLO『KANと要のWabi-Sabiナイト』については「放送局、制作関係者、共演者さまの御理解をいただき、これまでどおり継続出演させていただくことになりました」としている。

 「演奏活動は当面休止ではありますが、今後ともよろしくおつきあいいただければ幸いです」と呼びかけ、「私KANの音楽活動を応援してくださる皆さまには、どうか、心配ではなく、どうぞ、楽観していただければと思います。皆さまに楽観していただけることが、きっと大きなエネルギーになる、そんな気がしています。この件をサラッと洒落にしながら演奏する日を常にイメージします」と心境を記した。

 KANは1987年にアルバム『テレビの中に』でデビュー。1990年のシングル「愛は勝つ」は200万枚を超える大ヒットとなった。

>このニュースの流れをチェック

  1. 1. KAN、メッケル憩室がんを公表「洒落にならない御報告です」 腹痛きっかけに検査し判明
  2. 2. 「メッケル憩室がん」公表のKAN、再入院を報告「退院時期は未定」 STVラジオ番組出演見合わせ

オリコントピックス

あなたにおすすめの記事

メニューを閉じる

 を検索