ORICON NEWS

ヒゲダン藤原聡、声帯ポリープを発症 療養のためイベント出演を見合わせ「断腸の思いで決めました」

 4人組バンド・Official髭男dism藤原聡Vo/Pf)が声帯ポリープを発症し、療養が必要との医師の診断があったことから、イベント出演を見合わせることが公式サイトで発表された。

Official髭男dism

Official髭男dism

写真ページを見る

 公式サイトでは、「このたび藤原聡(Vo/Pf)が声帯ポリープを発症し、療養が必要との医師の診断のもと、出演が予定されておりました下記イベントにつきましては、出演を見送らせていただくこととなりました」と発表。出演を見合わせるのは4月13日開催の『「UVERworld VS シリーズ 2days」-day2- UVERworld vs Official髭男dism』、8月19日開催の『SUMMER SONIC 2023』、同20日開催の『SUMMER SONIC 2023』の3公演となる。最後は「出演を楽しみにしていただいておりました皆さま、並びに関係者の皆さまに多大なるご心配とご迷惑をおかけした事、深くお詫び申し上げます」と結んだ。

 また、藤原からのコメントも掲載。藤原は「昨年から、突然声が出にくくなる事がたまにありました。活動しながら様子を見ていたのですが、状況は悪くなる一方でした。そこでイベントへの出演を見合わせ、療養に専念するという事を、断腸の思いで決めました」と無念の思いをつづっていた。

■藤原聡コメント全文
 昨年から、突然声が出にくくなる事がたまにありました。活動しながら様子を見ていたのですが、状況は悪くなる一方でした。そこでイベントへの出演を見合わせ、療養に専念するという事を、断腸の思いで決めました。

 発表されていたライブは、どれも僕たちにとって念願であり、活動のモチベーションにしていた、大切なイベントでした。準備を進めて下さっていた関係者の皆様、出演を楽しみにして下さっていた皆様、本当に申し訳ありません。

 何よりも長くこのバンドを続けるために、ライブ活動を一旦お休みし、しっかり治して、また必ずステージに帰ってきます。

オリコントピックス

あなたにおすすめの記事

メニューを閉じる

 を検索