ORICON NEWS

橋幸夫、“二代目”オーディションに思い託す「私はこれまでとは違う“橋幸夫”として」

 歌手・橋幸夫(79)が12日、都内で記者会見を開催し、“二代目・橋幸夫”を公募すると発表。「私は違う“橋幸夫”として進んでいく」と決意を語った。

緊急記者会見で“二代目・橋幸夫”を公募した橋幸夫 (C)ORICON NewS inc.

緊急記者会見で“二代目・橋幸夫”を公募した橋幸夫 (C)ORICON NewS inc.

写真ページを見る

【写真】その他の写真を見る


 橋は21年10月、80歳誕生日である今年5月3日をもって歌手活動から引退することを正式に発表した。会見では、歌手活動の引退理由を改めて説明した後、「何百という曲が全部、私が歌わなくなることで聴かれなくなるのは申し訳ない」としみじみ。そして、「歌舞伎などの世界では、“何代目”という形で引き継がれていくが、そんなことを考えてもいいのかなと思った」と、“二代目・橋幸夫”を募集すると発表した。

 合格者は、「夫」の漢字のみを変えた“橋幸○”名義でデビューを目指すとのことで、橋は歌唱指導などに携わる。「橋幸夫のものまねをする人を選ぶわけじゃない。私の歌の本質を引き継いでほしい」と思いを語った。

 橋自身は5月1日に開催される全国ツアー『橋幸夫コンサート〜人生は長いようであっという間 夢を持って生きよう!〜』の東京・台東区立浅草公会堂公演がラストステージとなる。そのため、“二代目”との共演は「ない」ときっぱり。

 「文字は違いますが、本名でもありますので」と、二代目が選ばれた後も自身の芸名は橋幸夫のままであることを明言。「私は書や画という新しい道を、これまでとは違う“橋幸夫”として進む」と歌手活動引退後の未来を見据えていた。

 橋は1943(昭和18)年5月3日生まれ。中学2年から作曲家・遠藤実さんに師事し、高校2年の1960年、「潮来笠」でデビュー。舟木一夫、西郷輝彦さんとともに“御三家”と呼ばれて絶大な人気を誇った。1962年には吉永小百合とデュエットした「いつでも夢を」で第4回日本レコード大賞を受賞。NHK紅白歌合戦にはデビューした年から17年連続19回出場した。モンゴル親善大使や各地の観光大使、介助犬サポート大使など多岐にわたる活動のほか、認知症の実母の介護生活をつづった『お母さんは宇宙人』など多数の著書を出版。2020年7月にデビュー60周年を迎えた。

>このニュースの流れをチェック

  1. 1. 橋幸夫、緊急記者会見で“二代目・橋幸夫”を公募 ラストステージでの共演も視野に
  2. 2. 橋幸夫、“二代目”オーディションに思い託す「私はこれまでとは違う“橋幸夫”として」

関連写真

  • 緊急記者会見で“二代目・橋幸夫”を公募した橋幸夫 (C)ORICON NewS inc.
  • 緊急記者会見で“二代目・橋幸夫”を公募した橋幸夫 (C)ORICON NewS inc.
  • 緊急記者会見を開催した橋幸夫 (C)ORICON NewS inc.
  • 緊急記者会見を開催した橋幸夫 (C)ORICON NewS inc.

オリコントピックス

あなたにおすすめの記事

>

メニューを閉じる

 を検索