ORICON NEWS

宮脇咲良&矢吹奈子、HKT48“凱旋”報告「帰ってきました〜」「ただいま」

 日韓12人組ガールズグループ・IZ*ONE(アイズワン)としての活動を4月28日で終了した宮脇咲良(23)と矢吹奈子(19)が15日、古巣・HKT48に“凱旋”した。この日、福岡・西日本シティ銀行 HKT48劇場で行われた「HKT48メンバー全員生出演イベント」に登場し、ファンにあいさつした。

IZ*ONEの活動を終えた宮脇咲良と矢吹奈子がHKT48の生配信イベントにサプライズ登場(C)Mercury

IZ*ONEの活動を終えた宮脇咲良と矢吹奈子がHKT48の生配信イベントにサプライズ登場(C)Mercury

写真ページを見る

【写真】その他の写真を見る


 昨年11月に開業した西日本シティ銀行 HKT48劇場に2人が来場するのは初めて。8時間にわたるニューシングル「君とどこかへ行きたい」(12日発売)リリース記念の生配信番組の中盤、「スペシャルゲスト」として宮脇と矢吹が登場すると、劇場には拍手が鳴り響き、中継していたニコニコ生放送では「おかえりー」の文字で画面が埋め尽くされた。

 メンバーの「さくら」「なこ」コールに迎えられ、手を振りながら登場した2人は「帰ってきました〜」「ただいま〜」と第一声。矢吹は「うれしいですね、ファンの方も目の前にいるし、メンバーとも久しぶりに会えて本当にうれしかったです」とにっこり。宮脇は「ファンの皆さんに会うのも本当に久しぶりなので、すごくうれしいです。会いたかったです」と想いを伝えた。

 記念撮影では矢吹と“なこみく”コンビの相方・田中美久が隣同士になり、メンバーたちは「なこみくエモいね」と大喜び。矢吹は「今年ハタチですからね」というと、メンバーは「大人なこみく!」と感慨深げだった。

 2018年に行われた日韓合同オーディション番組『PRODUCE48』で視聴者投票上位12人によって結成されたIZ*ONEは、同年10月から2年半にわたる活動を今年4月28日24時をもって終了。翌29日、HKT48の宮脇咲良と矢吹奈子、AKB48の本田仁美は帰国し、それぞれのグループに復帰した。

関連写真

  • IZ*ONEの活動を終えた宮脇咲良と矢吹奈子がHKT48の生配信イベントにサプライズ登場(C)Mercury
  • IZ*ONEの活動を終えた宮脇咲良(左)と矢吹奈子がHKT48に復帰(写真は2019年1月撮影) (C)ORICON NewS inc.

オリコントピックス

あなたにおすすめの記事

メニューを閉じる

 を検索