AKB48小栗有以、SKE運営会社ゼストと所属契約締結「これからもAKB48として」

 アイドルグループ・AKB48小栗有以(19)が、姉妹グループ・SKE48の運営会社ゼストと所属契約を締結したことが18日、発表された。

 2014年にAKB48の47都道府県選抜「チーム8」の東京代表として加入した小栗は、18年にリリースされた52枚目シングル「Teacher Teacher」で表題曲初のセンターに抜てき。ファッション誌『LARME』のレギュラーモデルや、ドラマ『マジムリ学園』(日本テレビ)に主演するなど、若手メンバーの中心的存在として活動している。

 小栗は「この度、ゼストに所属させていただくことになりました。今まで以上に自分の視野を広げ、女優業やモデル業などさまざまな事に挑戦して、自分の新しい可能性も見つけていけたらと思います! これからもAKB48として頑張りますので、引き続き応援をよろしくお願いいたします」とAKB48メンバーとして活動を継続することを表明。

 ゼストは「今後は、個人としての女優業・タレント業へ、さらなる活躍の場を広げるべく、弊社の方でバックアップしてまいります」とコメントしている。

オリコントピックス

メニューを閉じる

 を検索