さなり、『恋する母たち』劇中歌「まんじゅうこわい」書き下ろし 第7話出演も決定

 18歳のラップアーティスト・さなりが、TBS系金曜ドラマ『恋する母たち』(毎週金曜 後10:00)第6話で使用された劇中歌「まんじゅうこわい」を書き下ろしたことが明らかになり、12月4日放送の第7話では本人役で出演することが決定した。

 書き下ろしの劇中歌は、仲里依紗演じる蒲原まりの息子・繁秋(宮世琉弥)が、阿部サダヲ演じる落語家今昔亭丸太郎の落語に感銘を受け、ラッパーとして披露する「ラップと落語」を組み合わせた斬新なテーマの楽曲。古典落語の演目のひとつ「まんじゅうこわい」を、さなりが現代風なリリックで書き下ろした。

 さなりは「落語というテーマが複雑で作詞をするのが難しかったですが、制作中は楽しくていつもと違う新鮮な感覚で面白く曲作りできました」と語り、「今回の楽曲のようなメロディーのないラップが初めての宮世くんでしたが、少しアドバイスするとすぐにコツを掴んで実践できたので素晴らしいと思いました! シンプルに声もいい声なので楽曲としても魅力的になったなと思います」とコメントしている。

 「まんじゅうこわい」は、さなりの2ndシングル「2FACE feat.SKY-HI」(来年1月6日発売)初回限定盤のボーナストラックとして収められることが決定。さなりがボーカルとして歌い直したバージョンが初回限定盤のみに収録される。

オリコントピックス

あなたにおすすめの記事

メニューを閉じる

 を検索