上白石萌音、インスタライブで新曲初披露「思いのほか、熱唱してしまった」

 女優の上白石萌音が11日、自身のインスタグラムで初の単独ライブ配信を実施。同日に配信リリースされた新曲「夜明けをくちずさめたら」と名曲「Smile」を生歌唱し、ファンを楽しませた。

 「夜明けをくちずさめたら」は、いきものがかり水野良樹とのコラボレーションで、NHK『みんなのうた』(4?〜5?)で放送されている。レコーディングは2月に行っており、コロナ禍を意識して作られた歌というわけではないが、今の私たちの心に響くバラード。このインスタライブでの歌唱が公の場での初披露となった。

 「まさか初披露がインスタライブになるとは思いもしませんでしたが、逆にこういう機会だからということで、歌わせてもらおうと思います」と、萌音。カラオケをかけて歌唱した後、自ら「思いのほか、熱唱してしまった。となりの人大丈夫かな」と心配したくらいの熱唱だった。

 この日、公開された同曲のミュージックビデオ(MV)についても言及。3月に撮影を予定していたが、感染拡大を防止するため撮影は断念。そこで、「夜」と「朝」にちなんだ写真・動画・イラストなどをファンから募集。萌音自身もセレクトと素材提供に参加しており、「いい写真ばっかりで、めちゃくちゃ心温まるMVになった」と誇らしげに語っていた。

 2曲の「Smile」はチャールズ・チャップリンが作曲し、ナット・キング・コールが歌詞をつけ、マイケル・ジャクソンなど多くのアーティストにカバーされている名曲。萌音は「最近、海外のファンの方が増えて、うれしくて。その方たちにも届くように英語の歌を」と選曲理由を明かした。しかも「Smile」はアカペラで披露し、歌唱力の高さを見せつけた。

 このインスタライブがはじまる直前まで、お笑いコンビ・ミキがインスタ漫才ライブを行っていたが、萌音の配信が始まる前にちゃんと終わらせる“配慮”で仲の良さを伺わせた。萌音の配信中は、ミキの2人も視聴していたようで、萌音が英語でメッセージを送った際には、「英語しゃべれるの知らんかった」と投稿していた。

 最後に萌音は「大変なことがいっぱいあったりとか、そろそろピクニックしたいなって思ったりする頃かもしれませんが、音楽とか、映画とか本とかに勇気づけられながら、気を紛らせながら、ステイホームしましょう。みんな同じ月を見ているんだよっていう曲にちょっとでも勇気づけられたら。一日も早く劇場なりライブなりで会える日を楽しみにしています」と語り、初の単独インスタライブを締めくくっていた。

関連写真

  • 新曲「夜明けをくちずさめたら」を配信リリースを記念してインスタライブで生歌唱した上白石萌音
  • 上白石萌音の新曲「夜明けをくちずさめたら」ジャケット写真

オリコントピックス

メニューを閉じる

 を検索