福山雅治、30周年ライブ全3公演中止 別内容を検討「皆様の安心と安全を第一に考慮」

 シンガー・ソングライターの福山雅治が26日、横浜アリーナで3月19・21・22日に開催を予定していたデビュー30周年記念キックオフライブ「FUKUYAMA MASAHARU 30th ANNIVERSARY KICK-OFF LIVE 三十祭!!『序』」を中止することが26日、公式サイトで発表された。

 同サイトでは「2020年2月26日(水)現在、新型コロナウイルスの感染拡大状況に鑑み、当ライブ開催の可否を慎重に検討・協議し関係各所の皆様と調整をおこなってまいりました。しかしながら3日間で約45,000人のファンの皆様が全国から公共機関を使ってご来場いただくこと、お子様からご高齢の方まで幅広い年齢層の方のご来場が予想されること、医療機関等で治療法が確立できていないことなどから、当日ライブ会場にご来場を予定している皆様の安心と安全を第一に考慮いたしました結果、このような結論にいたりました」と説明。「また現状、振替公演の目処が立たないため開催は延期ではなく中止と判断させていただきました」とした。

 なお、デビュー記念日の3月21日には、集合イベントではない形で音楽を届ける内容を検討していることも明かした。チケットの払い戻しなど詳細は決まり次第、公式サイトで発表する。

オリコントピックス

メニューを閉じる

 を検索