松井珠理奈「後悔はしていません」 SKE48卒業発表から一夜明け動画公開

 アイドルグループ・SKE48松井珠理奈(22)が8日、グループ公式ツイッターを通じて動画をアップ。今回の卒業発表について「私の中では何度も何度も自分に問いかけて決断したことなので、この発表は後悔はしていません。なので、皆さんも前向きに受け止めていただいて、卒業するまで、最後まで松井珠理奈のアイドル人生を見守っていてください」とメッセージを寄せた。

 松井は「最後の一期生なので、自分がいなくなると、本当にSKEが生まれ変わるんだなという気持ちがあったので、(卒業発表は)責任重大だなという感じでした。本当に(きのう7日の公演が)はじまる前とか『(卒業を)もう言えない!』と思って。自分が12年いたんで、SKEにいることが当たり前で、SKEで活動していることが人生の一部という感じだったんでそれが無くなるのか…。それを決める一歩なんだと思ったら、寂しいなぁという気持ちもありました」と改めて心境を口にした。

 それでも「私が卒業することで、私は12年間SKEの中で守り続けてきたものとか、ポディションとかみたいなものがあると思うので、辞めるとそこがぽっかり空くと思うので、(後輩たちが)私の分もじゃないけど、そこに立ちたいと思ってくれるメンバーが増えたらと。センターになりたいとか、もっとみんなが口に出していって、みんなでバチバチ(切磋琢磨)していって欲しいなって思います」と後輩たちへメッセージした。

 最後は「本当に急な発表で驚かせてすみません」と詫びつつ「でも、私の中では何度も何度も自分に問いかけて決断したことなので、この発表は後悔はしていません。なので、皆さんも前向きに受け止めていただいて、卒業するまで、最後まで…最後じゃないですね。そこからも私は一人で活動していくので、皆さんに会えるので、最後まで松井珠理奈のアイドル人生を見守っていてください。よろしくお願いします」と呼びかけた。

 なお、松井の卒業コンサートは、9月26日と27日に愛知・日本ガイシホールで開催。卒業公演は、SKE12周年の記念日である10月5日に実施する。

 松井は2008年7月、SKE48の1期生オーディションに合格し、同年10月に劇場公演デビュー。SKE48のCDデビュー前にAKB48の10thシングル「大声ダイヤモンド」で最年少11歳で選抜入りし、大きな話題を呼んだ。SKE48でもデビューシングル「強き者よ」(09年8月発売)から「不器用太陽」(14年7月発売)まで15作連続でセンター(Wセンター含む)を務めたグループの顔だった。

 『AKB48選抜総選挙』では第1回から19位→10位→14位→9位→6位→4位→5位→3位→3位と推移し、18年6月に地元のナゴヤドームで開票イベントが行われた第10回で悲願の初Vを達成。同年は海外グループを含めた初の『世界選抜総選挙』として行われ“世界チャンピオン”となったが、直後の7月に体調不良で活動休止。その後は復帰と休養を繰り返し、1月発売の最新シングル「ソーユートコあるよね?」では初めて選抜から外れていた。

オリコントピックス

メニューを閉じる

 を検索