BLACKPINK 東京ドーム初公演で5万5000人熱狂「本当に楽しくてうれしかった」

 韓国の4人組ガールズグループ・BLACKPINKが4日、自身初となる東京ドーム公演で世界ツアー『BLACKPINK 2019-2020 WORLD TOUR IN YOUR AREA』日本公演をスタートさせ、満員の観客5万5000人を熱狂させた。

【写真】その他の写真を見る


 1月から始まった自身初のワールドツアーは、北米、アジア、ヨーロッパ、オセアニアの世界4大陸で行われ、16ヶ国22都市合計30公演が完売。そして、2017年の日本デビュー以来初となる東京ドーム公演のチケットもソールドアウトさせた。

 東京ドームが一面ピンクの光に包まれるなか、今月11日にYouTubeでのMV再生回数が驚異の10億回を突破した「DDU-DU DDU-DU」(トゥドゥトゥドゥ)で幕開け。バンド生演奏による圧倒的な音圧と4人のダイナミックなパフォーマンスでドームは興奮のるつぼと化した。

 2曲を歌い終え、リサ(ラップ)は「BLACKPINK WORLD TOUR IN YOUR AREAへようこそ! 今日は最後まで盛り上がりましょう!」とあいさつ。ジス(ボーカル)は「とても会いたかったです」、ロゼ(ボーカル)は「きょうは最後まで楽しんでください」と呼びかけ、ジェニー(ボーカル/ラップ)は「皆さんにいろいろなパフォーマンスを準備しました。楽しく遊びましょう!」と、この日を待ちわびていた日本のBLINK(ブリンク=BLACKPINKファン)に想いを伝えた。

 中盤にはソロコーナーも用意し、個性あふれるパフォーマンスで会場を魅了。さらに、10月にリリースした日本語バージョンの最新アルバムから「KILL THIS LOVE -JP Ver.-」をライブ初披露。新曲「Don’t Know What To Do」「Kick It」「Hope Not」の日本語バージョン、デビュー曲「BOOMBAYAH」も惜しみなく出し切ると、「きょうは本当に楽しくてうれしかったです」「皆さん、いつも私たちのことを応援してくれて、ありがとうございます。またステキなステージで戻ってきます」と約束し、今年最後となる日本でのステージを終えた。

 日本公演はこの後、来年1月4・5日に京セラドーム大阪、2月22日に福岡 ヤフオク!ドームで行われ、東京ドームを含めた3会場4公演で20万5000人を動員する予定となっている。

関連写真

  • 初の東京ドーム公演を開催したBLACKPINK
  • ダイナミックなパフォーマンスで魅了するBLACKPINK
  • 一面ピンクの光に包まれた東京ドーム
  • 『BLACKPINK 2019-2020 WORLD TOUR IN YOUR AREA』
  • 『BLACKPINK 2019-2020 WORLD TOUR IN YOUR AREA』
  • 『BLACKPINK 2019-2020 WORLD TOUR IN YOUR AREA』東京ドーム公演より
  • BLACKPINKアルバム『KILL THIS LOVE -JP Ver.-』ソロ盤 JENNIE Ver.
  • BLACKPINKアルバム『KILL THIS LOVE -JP Ver.-』ソロ盤 LISA Ver.
  • BLACKPINKアルバム『KILL THIS LOVE -JP Ver.-』ソロ盤 JISOO Ver.
  • BLACKPINKアルバム『KILL THIS LOVE -JP Ver.-』ソロ盤 ROSE Ver.
  • BLACKPINKアルバム『KILL THIS LOVE -JP Ver.-』通常盤
  • 東京・大阪・福岡の3都市でBLACKPINKのPOPUP STOREとローソンとのコラボレーション企画を展開中
  • BLACKPINKオリジナルグッズ
  • BLACKPINK
  • BLACKPINK

オリコントピックス

メニューを閉じる

 を検索